menu

不動産売却前には住所変更登記を行っておくことが必要?

マイホームなど不動産を購入する際、購入する物件に住民票を移してから所有権移転登記を行うことが一般的です。登記簿上の住所はその後住む家にすることが通例だと言えますが、中には引っ越し前の住所で所有権移転登記を行い、不動産を購入した後で住所を移すというケースもあるようです。

この場合、実際に住む場所と登記簿上の住所が一致しなくなってしまうので、仮にのちに不動産を売却しようとしても本当にその人が所有者なのか判断できなくなってしまいます。

そのため、不動産を売却する時には、住所変更登記を行い、登記簿上の住所と現在の住所を一致させることが必要であると理解しておきましょう。

不動産売却時にはいつまでに住所変更登記が必要?

不動産を売却する時、登記上の住所と現在の住所が一致していないなら売却前に住所変更登記を行う必要があります。

具体的には、買主との契約が完了し、残金決済の段階で不動産名義を買主に移す登記を行う時、売主の住所変更登記も連件で申請できますので、事前に住所変更登記を申請する必要はないと言えるでしょう。

ただし住所に変更があった時には、住所変更登記を行っておいた方が後で面倒がないと理解して早めに手続きを行っておいたほうが良いです。

住所変更登記は自分で行うことも可能?

なお、住所変更登記を自分で行う場合、登記申請の中でも比較的容易にできますので、司法書士などに依頼して報酬を支払うよりチャレンジしてみるのも方法の1つです。

住所変更登記に必要な書類は、登記簿上の住所から現在の住所に繋がりが確認できる住民票、それに不動産1個に対して1,000円の登録免許税が必要です。ただし、住民票だけでは現在の住所まで繋がらないという場合には、「戸籍の附票」などを取得することも必要です。

また、住所が変わった時以外にも、住居表示実施などで地番が変更した時にも住所変更登記が必要ですが、この場合には「住居表示実施証明書」が必要になります。

住所変更登記は単独で申請しなくても大丈夫!

住所変更登記を単独で申請しなくても、売却時に同時申請によって住所を変更することは可能です。しかし、自分でも比較的行いやすい登記なので、時間がある場合には前もって行っておいても良いかもしれません。

また、売却前に相続などが発生した時にも、実際の住所と異なることで相続手続きの手間が増える事になります。変更があった時に早めに手続きを行うことが望ましいと言えるでしょう。

空き家を改修する場合などに利用できる助成金とは?

不動産を売却した時に赤字が出たら?確定申告を行えば税金が返ってくる?

関連記事

  1. マイホーム購入後の不動産引渡しの際に確認しておきたいこととは?

    マイホームを購入するにあたって契約を結び、不動産が引渡しされるまでに確認しておきたい項目がいくつかあ…

  2. 蕨市内で広くいろいろな使い方ができる公園とは?

    春になって蕨市内に引っ越してきたばかりの方や、これから引っ越しを予定している方は、外出自粛などでなか…

  3. 空き地を不動産会社に査定してもらう前に売却価格を想定する方法とは…

    空き地など不動産を所有している方の中で、何か良い使い道はないのだろうかと悩んでいる方はいるようですが…

  4. 固定資産税を知ろう!建物の評価額とは?

    新築の戸建を購入した人はその固定資産税の高さに驚く事も少なくはありません。 固定資産税の計算には…

  5. 建築基準法43条但し書きで道路と認められても空地扱い?

    建築基準法上の道路の1つに「位置指定道路」があります。これは特定行政庁が道路の位置を指定した道路です…

  6. マンションにおける空地や敷地とは?どこを指している?

    ビルやマンションなどの敷地に、一般の人が自由に行き来できる空間が設けられていますが、この空間を「公開…

  7. 土地建物売却時の譲渡所得について解説!

    土地や建物などの不動産を売却して得た利益を「譲渡所得」といいます。この譲渡所得に対しても税金が課税さ…

  8. 不動産の申し込みをキャンセルした時には違約金がかかる?

    この物件を購入したい!と思って不動産購入の申し込みを行って売買契約を結んだはずなのに、後でキャンセル…

ピックアップ記事

PAGE TOP