menu

土地売却の値引き交渉には応じるべき?

土地など不動産売却を検討する場合、購入希望者から値引きの交渉を依頼されることもあるでしょう。
有意義な不動産売却のためには、売主と買主の両者が納得できる交渉を行い、契約を成立させることが求められますので、交渉に応じる場合にも色々な部分で注意が必要です。

買主が価格交渉を行う心理とは?

土地などを購入することを希望する上で、値引き交渉を行ってくる心理には、少しでも安く購入したいという場合と、値引きをしてもらえなければ予算的に購入できないという場合があるでしょう。

いずれにしても土地を購入することを希望していることには変わりありませんので、必ずしも売主が下手に出なければならないという事はありません。

・状況次第で値下げに応じる

もし値下げ交渉を持ちかけられた場合、状況に応じて値引きに応じるかどうか決めても良いでしょう。

相場よりもともと低い価格で設定している場合、また、値引きした直後の物件という場合に、さらに交渉に応じれば価格がかなり安くなってしまいますし、交渉に応じなくてももともとの金額が安ければ購入を決める可能性もあるでしょう。

また、売り出してすぐに購入希望者が見つかったケースでは、購入意欲が高いと判断できるため、値引きしなくても売却につながりやすいと言えます。

交渉は売主が行う必要はある?

値引き交渉に応じる場合でも、売主自身が交渉を行うのではなく不動産会社の担当者が行うことが一般的です。信頼できる不動産会社を利用していくことは当然必要ですし、担当者とも信頼関係を構築しておきましょう。

売り出し時の価格設定のポイント

最初に価格設定を行う段階で、2,490万円や2,798万円など、「8」や「9」という端数に設定して安さを感じさせることもポイントです。

不動産売却での交渉場面では、この端数は値引き可能な金額と考えられることが多いのですが、価格交渉は十万~百万円単位で行われる事が多いので、なるべく「8」や「9」を端数にしておき、小さな桁から値引きできる様にしておきましょう。

互いが納得して気持ち良く取引できるために

予想以上の値引き額を提示された場合、売り出してから時間が経過している不動産ならこの機会を逃すと買主が見つからない可能性もあります。そこで、なぜそのような金額を提示してくるのか、理由を聞いた上で譲歩し合いながら交渉を進めていきましょう。

交渉は互いの心理戦であり、両者どちらかの主張だけを通す事はできません。良い取引になるように、交渉を進めていく様にしてください。

賃貸不動産を売却や購入した時の固定資産税の扱いについて

遊休地である空き地を活用してみては?どのような使い道がある?

関連記事

  1. 贈与税をかけずに家や土地名義の変更は可能?

    親が亡くなって相続が発生しているわけではないけれど、親名義の土地や建物を子の名義に変更したい場合、例…

  2. 不動産を売却する時に買主に渡す領収書には収入印紙が必要?

    不動産を売却する時、買主に売却代金の領収書を渡すことになりますが、この領収書には収入印紙を貼ることが…

  3. 不動産を売却した時は一時的な所得として税金が課税される!

    もし不動産を売却したことで利益が発生した場合、その所得は臨時収入として扱われることになります。…

  4. 土地建物売却時の譲渡所得について解説!

    土地や建物などの不動産を売却して得た利益を「譲渡所得」といいます。この譲渡所得に対しても税金が課税さ…

  5. 住宅を購入なら土地の用途地域の知識の理解を

    住居、商業、工業など、その土地が利用される用途は様々ですが、似たようなものが集まっていたらその環境に…

  6. 不動産売却前には住所変更登記を行っておくことが必要?

    マイホームなど不動産を購入する際、購入する物件に住民票を移してから所有権移転登記を行うことが一般的で…

  7. 人間関係のトラブルで不動産を買取ってもらいたい場合は?

    日常生活を送る上で、自分以外の誰かと関わりを断つことは出来ません。しかし他人と関わっていく上で様々な…

  8. 住宅ローンは何年で返済すると良い?返済期間の考え方

    現在は住宅ローン金利が低い状態なので、マイホーム購入のチャンスだと考える人は少なくありません。 …

ピックアップ記事

PAGE TOP