menu

マンションにおける空地や敷地とは?どこを指している?

ビルやマンションなどの敷地に、一般の人が自由に行き来できる空間が設けられていますが、この空間を「公開空地」と言います。通路や植栽などが整備された快適な空間であることが多く、自由に通行できる場所です。

そもそも公開空地は、総合設計制度により、敷地に一定以上の広さを公開空地として設ける場合、容積率や道路高さ、隣地高さ、北側高さ、絶対高さといった各種の高さ制限が特定行政庁の許可範囲で緩和されるという制度です。

これらの制限を緩和するためには、特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可することになります。特定行政庁の許可を受けるためには、公開空地の面積を都市計画で規定された建ぺい率による空地面積と同じ、またはそれ以上にする必要があり、敷地面積の最低基準も定められています。

容積率とは何の割合?

延べ面積を敷地面積で割った数値が容積率です。敷地面積100㎡で、その敷地上の住宅の延面積が90㎡なら住宅の容積率は90%です。

建物の容積率の限度は用途地域ごとに都市計画で指定されています。ただし前面道路の幅が狭い場合、指定された容積率を使い切ることは不可能な場合もあります。

建物の高さ制限について

建物全体の高さや相隣関係などによる斜めの線といった色々な制限があります。適用の有無や具体的な数値などについては、用途地域で異なりますので都市計画などで確認が必要です。

そもそも敷地とはどの部分?

ビルやマンションなど、建築物のある土地を「敷地」といいます。

同じ敷地の上に建築物が2つ建っている場合には、それぞれの建築物を用途上分けることができなければ同一敷地にあるものとみなします。仮に所有している土地に住宅と物置がそれぞれ建っていても、2つは用途が同じなら別々の敷地に建てたとすることはできないということです。

なお、敷地についても色々な取り決めがされており、例えば道より高い位置でなければならなかったり、湿潤な土地や出水が多い土地の場合は盛り土や地盤改良が必要だったりします。

また、雨水と汚水を外に排出する下水道などの仕組みが必要ですし、崖崩れ被害を回避する擁壁の設置も必要とする場合もあります。

マンションで注目したい空地率!

敷地面積から建物が建っている部分の面積である建築面積を差し引いて、敷地面積で割った数値が空地率です。敷地のうち、建築物が建てられていない空地の割合を示します。

空地率が高ければ建築物の周囲環境が良好になるので、マンションなどの場合には窮屈さを感じない快適な居住空間を確保できると考えられます。

近年では高い空地率を確保して、歩行用通路や植栽、樹木などを整備した不動産価値が高められたマンションも多く販売されていますのでチェックしてみると良いでしょう。

なぜ地方では空き家が急増している?その背景にあるものとは?

不動産を売却した時は一時所得として申告が必要?

関連記事

  1. 住宅ローンがやばい状況になるケースとは?

    住宅ローンを組んだ当時はスムーズに毎月支払いもできて、何の問題もなかったのに、気が付くと貯金は出来ず…

  2. アパートで兄弟や他人と住んでいる時の世帯主は誰になる?

    例えば勤務先から支給される手当に住宅手当がありますが、夫婦どちらも働いている時、どちらにも支給される…

  3. 固定資産税を計算ししよう! 土地の評価はどのくらい?

    家を購入すると必ず一緒についてくるのが固定資産税です。 この固定資産税は当然家だけでなく土地にも…

  4. 土地の名義を夫婦共有にするなど共有名義は避けたほうが良い理由

    マイホームを購入する時に、家の名義を夫婦共有にする人もいるでしょう。 しかし遺産分割の観点から見…

  5. 土地売却の値引き交渉には応じるべき?

    土地など不動産売却を検討する場合、購入希望者から値引きの交渉を依頼されることもあるでしょう。有意…

  6. 不動産を売却した時は一時的な所得として税金が課税される!

    もし不動産を売却したことで利益が発生した場合、その所得は臨時収入として扱われることになります。…

  7. 夫婦共有名義の土地を相続すると手間や費用が掛かる?

    土地を共有するということは、複数人が共同で一つの土地を所有している状態であることを示します。 複…

  8. 不動産売却前には住所変更登記を行っておくことが必要?

    マイホームなど不動産を購入する際、購入する物件に住民票を移してから所有権移転登記を行うことが一般的で…

ピックアップ記事

PAGE TOP