menu

土地の名義を夫婦共有にするなど共有名義は避けたほうが良い理由

マイホームを購入する時に、家の名義を夫婦共有にする人もいるでしょう。
しかし遺産分割の観点から見れば不動産の共有は避けた方が良いと考えられます。
その理由はなぜなのか、どのような点で不都合が生じるのかを確認しておきましょう。

 

共有するとはどういうこと?

共有とは、1つの物を複数人が共同で所有することです。
不動産を複数人の相続人が共有する場合、相続人それぞれは持分の価格に従って保有し全体を使用することが可能となります。
民法においては、例えば対象となる土地に10分の1を保有する人と10分の9保有する人がいたとしても、共有者それぞれの利用方法は平等です。

 

権利関係はどのような扱い?

ただし共有する土地を賃貸して賃料収入を得る場合などにおいては、共有者それぞれが共有持分割合相当分の賃料を得る権利を持っていることになり、確定申告でも持ち分割合に応じた賃料収入に対する所得税を申告します。
また、共有している物の状態の変更や処分といった場合には、持分割合に応じて発言権が異なります。

 

共有であることで法律関係が複雑に・・・

不動産を共有するケースとして土地を夫婦名義にするといった場合などがありますが、共有名義の土地は相続に様々な問題が生じさせる可能性があります。
例えば土地を2分の1ずつ保有している場合、そのいずれかが亡くなって相続が生じた時、共有持分は相続人数だけ細分化されます。
そうなると1つの土地を利用する人が増え、法律関係がややこしくなるでしょう。
共有者が増えたことで複数の利害関係人が関係する事となり、売却や賃貸などに活用したくても共有者全員の意見がまとまらなければできません。

 

共有関係を解消したくてもできなくなる?

それなら単独所有にしようと共有関係を解消したくても、共有者全員で遺産分割協議などを行う段階で話合いに協力しない共有者が現れた際は、話が前に進まなくなってしまいます。
共有関係はできる限り解消する、または遺言書などを事前に作成して問題が生じる事のないような対処が必要です。

 

平等性を重視することが果たして正しい?

相続が発生した時に、相続人が平等に相続したいからという理由で不動産も含め法定相続分割合で分割してしまうケースもあるようです。
しかし後で再度相続が発生した時、共有者を増やす事となり、対象となる不動産の利活用などの妨げになる可能性があります。
遺産分割協議を行う時点から、その先に発生する相続までを見据えた上で分割方法を考えることが大切だと言えるでしょう。

相続人等に対しての売渡請求は何のために行う?

空き家がもたらす外部不経済とはどのようなことが問題?

関連記事

  1. 不動産を売却すれば所得税だけでなく住民税も課税される?

    不動産を売却する時には、物件がいくらで売れるのかに気をとられてしまいがちです。しかし、不動産を売る時…

  2. 不動産の譲渡所得とは?所得や税額の計算方法について

    不動産を売却したことで生じる所得を「譲渡所得」といいます。 譲渡所得は一般的に、土地や建物、株式…

  3. 住宅ローンは何年で返済すると良い?返済期間の考え方

    現在は住宅ローン金利が低い状態なので、マイホーム購入のチャンスだと考える人は少なくありません。 …

  4. 不動産の購入や売却を電話で誘う詐欺に注意!

    現在はローンも低い金利で利用できますし、東京オリンピックなどで不動産に対するニーズが高まっている状態…

  5. 土地建物売却時の譲渡所得について解説!

    土地や建物などの不動産を売却して得た利益を「譲渡所得」といいます。この譲渡所得に対しても税金が課税さ…

  6. 不動産の申し込みをキャンセルした時には違約金がかかる?

    この物件を購入したい!と思って不動産購入の申し込みを行って売買契約を結んだはずなのに、後でキャンセル…

  7. 住宅ローンで生活が大変!こんな時にはどうすればよい?

    憧れのマイホームを手に入れて浮かれていたのも束の間で、知らない間に住宅ローンが家計を圧迫して毎月の支…

  8. マイホーム購入後の不動産引渡しの際に確認しておきたいこととは?

    マイホームを購入するにあたって契約を結び、不動産が引渡しされるまでに確認しておきたい項目がいくつかあ…

ピックアップ記事

PAGE TOP