menu

建築基準法43条但し書きで道路と認められても空地扱い?

建築基準法上の道路の1つに「位置指定道路」があります。これは特定行政庁が道路の位置を指定した道路です。
土地や建売住宅を分譲するための土地の区画割りを行う場合には、どの区画でも道路に面するようにする必要があります。面している道路が建築基準法上の道路として認められなければ、その区画に家を建てる事はできません。

 

位置指定道路として申請できないと・・・?

建築基準法の道路かは、公道や私道、通路など呼び名や管理状況とは関係ありませんので、見た目は道路形状なのに該当しないケースも多々あります。
形状は道路なのに幅員や隅切り寸法、転回広場など規準が適合しないので位置指定道路として申請ができなければ家が建てられないので、建築基準法の道路でなく空地扱いを受けてしまう「協定道路」も存在します。

・協定道路とは?
私道の所有者が利用方法などを定めた上で、利用者や共有者と協定を結んだ道路が協定道路です。

 

建築基準法第43条但し書きとは?

建築物の敷地は道路に2m以上接しなければならないと決まりがありますが、対象となる敷地の周囲に広い空地を有する建築物などで、交通、安全、防火、衛生などで支障がないと認められたものはこの限りではないという許可制度です。
しかし但し書きによって認められた土地は、建築基準法上の道路ではなく「空地」として扱われます。
見た目はアスファルト舗装されているなど道路に見えるケースもありますが、不動産販売図面にはしっかりと「建築基準法43条但し書き適用」と特記欄に記載されます。

・43条但し書きによる許可を得る方法
この43条但し書きの扱いは、平成11年に法改正がなされたことによって、建築主事の認可があれば可能だったものから、建築審査会の同意を得て特定行政庁の許可を得る事が必要になりました。

・建物を建てる度に審査を受ける必要がある
また、以前は一旦但し書きの扱いを受けた場合には、協定書を添付すれば確認申請に進めることが出来ていました。しかし法改正があってからは、該当する敷地に建物を建築する場合にはその都度建築審査会で審査を受けることが必要です。

 

売却でトラブルにならないためにも

もし所有している建物があるのなら、「建築確認申請の副本」の敷地図などで接道について確認してみましょう。
また、不動産の売却を検討している場合には、接道の状況によって後でトラブルになるケースもあります。そのため事前に確認をしておき、協定道路や43条但し書きなどで対応できないか等についても検討していくようにしましょう。

空き地の固定資産税を節税したいなら農地にすると良い?

不動産の売却で確定申告に必要な添付書類は?

関連記事

  1. 人間関係のトラブルで不動産を買取ってもらいたい場合は?

    日常生活を送る上で、自分以外の誰かと関わりを断つことは出来ません。しかし他人と関わっていく上で様々な…

  2. 住宅ローンは何年で返済すると良い?返済期間の考え方

    現在は住宅ローン金利が低い状態なので、マイホーム購入のチャンスだと考える人は少なくありません。 …

  3. 空き地を不動産会社に査定してもらう前に売却価格を想定する方法とは…

    空き地など不動産を所有している方の中で、何か良い使い道はないのだろうかと悩んでいる方はいるようですが…

  4. さいたま市で家族構成や家庭環境が変わったことで一人暮らしを始める…

    さいたま市で一人暮らしを考えるきっかけとして挙げられるのは、たとえばずっと夫婦で生活していたけれどパ…

  5. 土地売却の値引き交渉には応じるべき?

    土地など不動産売却を検討する場合、購入希望者から値引きの交渉を依頼されることもあるでしょう。有意…

  6. 贈与税をかけずに家や土地名義の変更は可能?

    親が亡くなって相続が発生しているわけではないけれど、親名義の土地や建物を子の名義に変更したい場合、例…

  7. 土地建物売却時の譲渡所得について解説!

    土地や建物などの不動産を売却して得た利益を「譲渡所得」といいます。この譲渡所得に対しても税金が課税さ…

  8. 固定資産税を計算ししよう! 土地の評価はどのくらい?

    家を購入すると必ず一緒についてくるのが固定資産税です。 この固定資産税は当然家だけでなく土地にも…

ピックアップ記事

PAGE TOP