menu

空き家を解体!固定資産税は更地になれば高くなる!?

近年、空き家問題が多発しており、日本全体で重要な案件となっています。
その背景にはもちろん今までの税法上での取り決め(更地にしたら税金が上がるなど)のせいで空き家のまま放置されていた。なんてことも原因の1つではあったのですが、果たしてどのように固定資産税の額は変わるのでしょうか?
確認していきましょう。

 

◆解体すると固定資産税は高くなる

古くなった家は当然周囲に悪影響を与えるのは目に見えています。
しかし、文頭でもお話した通り、仮に取り壊し更地にしてしまった場合、固定資産税は実に6倍にもなると言われているのです。
解体費用も掛かる上に更地にしたことで固定資産税も6倍になるのであれば誰も取り壊したりはしたくないですよね。
ただし、何もデメリットばかりではありません。
メリットも当然ありますのでそこも含め全体的に確認していきましょう。

 

◆売る事を前提に取り壊す

空き家がついたままですとなかなか売れない土地も更地にする事であっという間に売れる土地もあります。
固定資産税が高くなるとは言うもののそれは取り壊した後もずっと所持していた場合だけです。どうせ使い道がないのであれば、家を取り壊した費用も含め金額を上乗せして売ってしまえば固定資産税の事は気にしなくてもいいでしょう。
ただし、現状残っている家がどこまで古いかにもよります。
リフォームできないくらいの古さであればいいですが、もしそこまで古くない物件であればその判断は悩むところだと言えるでしょう。
ちなみに余談ではありますが、解体する際は市町村から解体費用の補助金がでるところがほとんどです。
これの補助金制度はなかなか忘れられがちですが、この制度を利用するには必ず解体前に申請しなければいけませんので忘れないようにしておきましょう。

 

◆計算してみよう

ここでは更地は本当に6倍の固定資産税がかかるのか計算してみようと思います。
一例ではありますが、家の評価額280万円、土地の評価額280万円で計算していきます。
今回は細かな部分に関しての説明は割愛させていただきます。

・空き家付きの固定資産税の場合
家の固定資産税:280万円×1.4%=3.92万円
土地の固定資産税:280万円1/6×1.4%=0.65万円

・更地の場合
土地の固定資産税=280万円×0.7×1.4%=2.74万円
このようになります。
見て頂くとわかるのですが、6倍にはなりません。
しかも家の固定資産税がなくなるので全体で見れば安くなるのです。
このようにしっかり計算してみると安くなることが分かって頂けたでしょうか?
確かに土地だけで見れば高くはなるものの家の固定資産税がかからないのであれば取り壊して更地にした方が安いですね。
空き家をお持ちの方で今後活用することがないのであれば素直に取り壊すことも視野に入れておいてもいいかもしれませんね。

空き家を再生させよう!プロジェクトはどんなものがある?

固定資産税を知ろう!建物の評価額とは?

関連記事

  1. 不動産購入資金の贈与を親から受けた時の非課税制度とは?

    直系尊属である親や祖父母などから住宅を取得するための資金の贈与を受けた時、一定金額が非課税になる制度…

  2. 不動産の譲渡所得とは?所得や税額の計算方法について

    不動産を売却したことで生じる所得を「譲渡所得」といいます。 譲渡所得は一般的に、土地や建物、株式…

  3. 建築基準法43条但し書きで道路と認められても空地扱い?

    建築基準法上の道路の1つに「位置指定道路」があります。これは特定行政庁が道路の位置を指定した道路です…

  4. 不動産を売却したら翌年に申告して税金を納める必要がある?

    個人が不動産を売却した場合、翌年に税金を納めなくてはいけない事をご存知でしょうか。土地や建物など、不…

  5. 蕨市内で広くいろいろな使い方ができる公園とは?

    春になって蕨市内に引っ越してきたばかりの方や、これから引っ越しを予定している方は、外出自粛などでなか…

  6. 川口市内で自然に多く触れさせる教育を行っている幼稚園

    川口市内でも、子どもには広い園庭で思い切り遊ばせることができる幼稚園に通わせたいと考える親御さんは少…

  7. 遺産分割の時の相続不動産の評価方法とは?

    相続が発生した場合にはそれぞれの相続人に公平に遺産を分配することが必要ですが、相続財産の中に不動産が…

  8. 不動産を売却した時は一時的な所得として税金が課税される!

    もし不動産を売却したことで利益が発生した場合、その所得は臨時収入として扱われることになります。…

ピックアップ記事

PAGE TOP