menu

不動産のうち空き地を売却する時に注意しておきたいポイント

空き地を所有しているものの、今後使う予定がないので売却を検討することもあるかもしれません。しかし、初めて不動産を売却する時には、何を準備しておけばよいかわからないものです。

空き地を売却する場合、マンションや一戸建てなど住宅を売却する時とは違って、どのような手続きが必要なのかイメージしにくい部分もあります。

そこで、空き地を売る場合、事前に行っておきたいポイントと注意点をご紹介します。

空き地の状態や面積は?

土地を売却する時に注意しておきたいのは、立地や広さによって購入者が異なってくる点です。

土地が広ければ立地がそれほどよくなくても、住宅以外のビルや施設などを建てるために購入したい方がいるかもしれませんし、反対に広さがなくても立地がよければ一戸建てを建てたい方のニーズが高くなります。

また、都市計画区域や用途地域などの定めもあるため、どのような建物を建てることができるのか確認しておくことも必要です。

前面道路の幅や自動車の出入りがスムーズにできるかなども確認しておきましょう。

隣家との境界線は確定させておくこと

所有して時間の経っている古い土地の場合、不動産登記簿謄本に記載のある数字が正確ではないケースもみられます。

隣家との境界標がなければ、どこまでが所有の土地か明確でないこともあるため、後で隣家とのトラブルにならないためにも測量調査を行って境界を確定させておきましょう。

また、空き地の場合には植木など残存物が存在しないか確認しておき、処分できるものは撤去しておいてください。

空き地はいくらで売却できる?

インターネットなどで売却したい空き地の相場を検索してみましょう。利便性のよい土地であれば住宅用地としてニーズが高くなるので、金額交渉もしやすくなるはずです。

また、最寄駅までの距離や車を利用した場合のアクセスの利便性なども把握しておき、周辺に学校や医療機関、公園などがあるかなど生活しやすさも確認しておきましょう。アピールできるポイントをまとめておくと、査定金額が上がりやすいかもしれません。

どの不動産会社に委託するかも大きなポイント

空き地の売却を不動産会社に委託する場合には、そのエリアに詳しく土地売却に精通した業者を選ぶことも大切です。これまでの販売実績なども確認し、担当者の対応や売主との相性なども重要なポイントです。話にしっかり耳を傾け、できるだけ希望に沿う形で売却できるように注力してくれる不動産会社を選ぶと、よい売買取引に繋がります。

相続した不動産を譲渡することで課税される譲渡所得税の計算方法

空き地管理の対策は空き家ほど進んでいない!空き地が増えることでの問題とは?

関連記事

  1. 空き地や空き家を管理せず放置すると結局は負担が大きくなる理由

    誰も住むこともない空き家や、誰にも管理もされない空き地が、そのまま放置されることは様々な問題を引きお…

  2. 空き家を解体することによるデメリットとは?

    日本の住宅は木造建築であることがほとんどですので、誰も利用しない締め切った窓の状態になる空き家は湿気…

  3. 所有している空き地の有効な使い道とは?どのような方法があるのか

    空き地を所有している方などは、何か上手に土地活用できないものか…と使い道を考えてしまうものでしょ…

  4. 相続放棄した時は誰が空き家の持ち主になる?

    例えば親が亡くなり、相続財産に実家だけでなく多額の借金があった場合、または被相続人(亡くなった人)と…

  5. 空き地の草刈りは努力義務?法的な拘束力はどの程度?

    自治体によっては、所有している空き地の雑草などを除去する草刈りの必要性や義務について、条例を設けてい…

  6. 空き家を有効に使うにはどのような使い道が良い?

    実家を相続したけれど誰も住むことがなく、かといって取り壊すのにはもったいない、何か有効な活用方法があ…

  7. 空き家を自治体やNPO団体と一緒に活用する方法とは?

    空き家が増え続けていることで自治体による法的規制は強まる一方ですが、中には空き家を上手く活用して事業…

  8. 空き家同様に自治体では空き地に対する厳しい条例を設けることが多く…

    人口が減少している日本では、土地の需給もだんだんと変化している状況です。親が住んでいたり所有していた…

ピックアップ記事

PAGE TOP