menu

空き地問題を解決するために条例などの規制は欠かせない?

増え続ける空き地や空き家の問題に対して、各自治体でも取り組みを始めています。

自治体が実施している管理や空き地・空き家活用への取り組みの中で、貢献度が大きいものは「行政指導」「条例等による規制」、さらに「除草業者などの斡旋」、「所有者の把握など」とされています。

しかし、空き地などの場所や件数、広さなど状況が把握しきれていないことや、体制・予算の不十分さ、空き地所有者の意識や理解が不足していることなど、様々な問題が残され得います。

さいたま市で規定している条例とは?

さいたま市でも、「さいたま市空き家等の適正管理に関する条例」を設置し、空き家などの適正な管理は所有者や管理者であることを規定しています。さらに、適正な管理がなされていない空き家などの所有者に対しては、条例に基づいた指導が実施されています。

平成27年5月には「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行され、放置しておくと倒壊の危険や保安上危険な空き家などには、行政が助言や指導、勧告、命令、最終的に行政代執行など行うことができるようになっています。

適正な管理が必要なのは空き家だけではなく、空き地も同じです。雑草や樹木の繁茂などで近隣住民の生活環境を阻害することは避けなければなりません。

雑草の除去などを行い、定期的な管理を実施していきましょう。

雑草除去は難しい!という場合は

しかし、忙しくてなかなか雑草除去などが行えないという所有者の方もいるかもしれません。

このような場合、さいたま市では「公益社団法人さいたま市シルバー人材センター」と協定して、空き家管理業務の紹介を行っているので相談してみましょう。

シルバー人材センターで実施していることは、空き家の除草やつた等の撤去、植木の伐採、 空き家の見回り、小修繕、簡単な板塀修理など大工仕事です。

□空き家関連ローンについても情報提供されている

また、さいたま市では空き家活用を促進するために、埼玉りそな銀行、武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫、城北信用金庫の4つの金融機関と協定し、空き家関連のローン情報を提供しています。

空き家の増加は空き地の増加に繋がる!

さいたま市では、空き家などが今後増えないように、適正管理や利活用を促進し、管理できていない空き家など解消する取り組みを行っています。
空き家が増えることは、結果として空き地を増やすことにも繋がります。

そのため、有効に土地が活用されるように、どのように処分するべきか、または利活用するかなど考えて行くことが求められます。

個人が不動産を売却する場合は何に消費税が掛かる?

不動産を売却した時に適用される税金の控除の種類

関連記事

  1. 空き家が急増するのは相続放棄された不動産が増えるから?

    もし亡くなった人の財産を相続することになったけれど、借金も相続しなくてはいけなくなった場合、または疎…

  2. 草刈りが行われていない雑草が伸び放題の迷惑な空き地が増えている?…

    草刈り機などは重さがあるので、草刈りを行う作業は重労働である事から、高齢者などの場合、作業が行えない…

  3. 使わない空き家はリノベーションをして売却しよう!

    現在、空き家対策の法律が施行され、一部ではありますが空き家の放置には固定資産税が上がるという措置がさ…

  4. 空き家や空き地を適正に管理する責任は誰にある?

    日本では適正に管理されていない空き家や空き地が増えていることが社会問題になっています。所有者が遠方に…

  5. 空き地の管理は所有者の義務?条例により規定されている自治体がほと…

    日本は人口の減少が進んでおり、土地の需給構造がだんだんと変化していることで、利用されていない空き地が…

  6. 空き地を駐輪場として使用する行為は不法侵入に該当する?

    もしも知らない誰かが勝手に家や敷地内に侵入してきたら…。少し家を留守にする間や夜間など静かな時間でも…

  7. 空き地の草刈りを業者に依頼する時には費用以外にも注意が必要!

    家の庭や所有している空き地の雑草が伸び放題になっていませんか? 草刈り作業は手間や時間、そして費…

  8. 空き家整理が社会問題化!今後不要な物件はどう対処すべき?

    2016年の人口動態統計の年間推計を見ると、統計が開始された1899年から1年間に生まれた子供の数が…

ピックアップ記事

PAGE TOP