menu

空き地を利活用する方法の1つ「看板広告」とは?

日本では空き家が増え続けていますが、その原因として核家族化が当たり前になっていることが挙げられます。子どもが結婚して独立すると、新しく家を建てたりマンションを借りて住むことが通例となりました。

しかし空き家や空き地を放置していると、犯罪などに利用される危険性もあります。そのため、適切な管理を行うことが必要ですが、土地の場合、管理されている土地かどうか見分けがつかないこともあります。

そこで、管理している土地であることをアピールするために看板を設置することがありますが、土地活用の方法としても用いることもできます。

空き地を活用する方法はいろいろ

土地活用と言えば、アパートなどを建てて賃貸経営を行うことをイメージする方が多いでしょう。しかし、初期費用などがかかるので、すぐに始めたくても一歩踏み出せないこともあるようです。

初期費用を抑えてある程度利益を上げたいなら、駐車場やトランクルームなどに活用することもできますが、土地の広さも必要になります。

そこで、狭い土地で初期費用を抑えて有効活用する方法に、土地に看板を立てる「看板広告」を検討してみてもよいでしょう。

看板広告とはどのような土地活用方法?

看板広告は、土地の上に看板や広告を設置して賃料を受け取る方法です。

初期費用は全くといっていいほどかかりませんし、看板の製作費や設置費用など、設置にかかる費用は広告主が負担することが一般的です。

空き地の所有者は土地を貸し出すだけですむので、負担がかからないのが最大のメリットと言えるでしょう。

看板広告の大きさにもよりますが、土地が狭くても看板は設置できるので、アパートや駐車場などで活用できない狭い空き地や非整形な土地でも可能です。

看板広告の需要が高いエリアとは?

店舗の絶対数が多い都市部やロードサイドなどでは需要が高い方法ですし、一旦、設置が決まれば数年単位で設置され続けるので継続して収入を得やすいと言えるでしょう。

空き地に看板広告を設置するなら

ただし、得ることができる収益はけっして大きくありません。年間1~5万円程度という場合が多く、さらに建築基準法や屋外広告物法、自治体条例などの制限を受けることもあるので確認が必要です。

また、落下しないように設置しておくことも必要ですし、万一事故が起きた時のために賠償責任保険などで備えも必要になるでしょう。

相続不動産を売った時に利益がでたときに注意したい長期譲渡と短期譲渡

年金を受け取っている人が不動産を売却するとは受給額は減額される?

関連記事

  1. 遊休地である空き地を活用してみては?どのような使い道がある?

    特に利用目的もなく、空き地として所有している土地がある場合、持っているだけで価値が低下してしまう事を…

  2. 放置され続ける空き家が増加する背景には愛着心が関係する?

    全国各地に空き家が増え続けることが問題視されていますが、その背景には何が隠されているのでしょう。…

  3. 国土交通省の空き家対策についての集計結果から現在の状況を読み取る…

    年々深刻化している空き家問題を背景として、2015年5月に完全施行された「空き家対策特別措置法 …

  4. 実家に将来住み続ける?それとも別に住居を構えて空き家にする?

    もし自分が独身で、親一人子一人で実家に同居しているとします。 そのような場合、将来親の相続が発生…

  5. 空き家が我が子に及ぼす影響とは?相続が発生する前に

    自分が今住んでいる持ち家は、子にとっては親が住む自宅であり実家でもあります。いずれ自分が他界して相続…

  6. 加速していく行政の空き家対策で空き家は減少する?

    終戦直後の日本は世帯数に対する住宅の戸数は約20万戸不足していた状態だと言われています。そもそも借家…

  7. 空き家所有で固定資産税が上昇するリスク

    年々増え続ける日本の空き家。現在だれも住んでいない家を所有している方も、多いのではないでしょうか。そ…

  8. 空き家に必要なのは適正管理!できない場合には?

    急速に進む少子高齢化と核家族化で、現在問題視されている空き家はさらに増え続けている状況です。空き家の…

ピックアップ記事

PAGE TOP