menu

空き地の草刈りは努力義務?法的な拘束力はどの程度?

自治体によっては、所有している空き地の雑草などを除去する草刈りの必要性や義務について、条例を設けているところもあります。

もしこのような自治体の管轄する地域に空き地を所有しているなら、雑草が生い茂った状態で放置していると指導を受けることもあるかもしれません。

しかし、実際には努力義務になっていることがほとんどなので、高い法的拘束力があるわけではなく、見苦しさを感じても訴えられないこともあるようです。

行政に相談すれば何とかしてもらえる?

空き家の草刈りについて条例が設けられている場合においても、「空き地」とする土地の定義は自治体によって様々です。

そのため、条例で規制されている空き地には該当しないこともありますし、行政から指導を受けるのは放置すれば危険な状態であることなどが条件になっていることも多いようです。

そのため、近隣に空き地があり、雑草が伸び放題の状態なので見苦しさを感じるだけでは、すぐに対処してもらえるかというと、そうではありません。

法的に草刈りを請求することは無理?

では、条例以外で草刈りの義務が生じることはないのかというとそうではなく、例えば空き地の雑草に害虫が住みつき、その害虫で隣家などに損害が生じた場合は別です。

隣家の所有権に基づいて、害虫と雑草、どちらも除去するように妨害排除請求することが可能となるでしょう。

また、空き地の雑草が境界線を越えて侵入した場合は、竹木切除権に基づき伐採することを請求できるはずです。

生い茂った雑草で損害が生じているなら

このように、空き地の雑草管理は所有者が行うことになり、草刈りの必要性についてもあくまでも努力義務という程度です。

しかし、その雑草が原因で隣家や近隣に被害を及ぼす状況にある場合には、地域の条例で雑草の除去についての規定がなされていなくても、別の法律から草刈りを行うように空き地所有者に請求することは可能です。

自分が空き地を所有している場合は?

空き地の近くで住んでいると、生い茂った雑草で見苦しさを感じることもあるかもしれませんが、何らかの迷惑を受けているのなら自治体に相談してみましょう。

自分が空き地を所有している場合は、雑草が伸び放題のままで放置していると、隣家や近隣と揉める原因になりかねませんので、定期的に草刈りを行うなど手入れを忘れないようにしてください。

仮に空き地を売却する場合でも、雑草が生い茂った状態の土地よりは、しっかりと管理がなされた土地の方が買い手もつきやすくなるはずです。

賃貸物件が相続財産に含まれる時にいくつか注意しておきたいこと

相続不動産を売った時に利益がでたときに注意したい長期譲渡と短期譲渡

関連記事

  1. 所有する空き地や空き家の管理は誰の責任?

    空き地を所有している方で、自身を持って適切な管理を行っている方なら問題ありません。しかし、空…

  2. 空き地など所有する敷地などに無断駐車されている場合の対策

    土地などを所有している人なら経験したことがある「無断駐車」という問題ですが、自分の所有でなくても契約…

  3. もったいない!?空き家対策をして有効活用しよう!

    平成27年に空き家対策特別措置法が完全施行されるようになりました。 この法律は全ての空き家に適用…

  4. 空き地や空き家が抱える問題で認識しておくべきこととは?

    増え続けている空き地や空き家の問題には色々な原因が考えられます。どのようなことが要因となって、使わな…

  5. 今後なぜ空き家率が上昇する可能性が高い?

    野村総合研究所(NRI)が発表した2018年、2023年、2028年、2033年における日本の総住宅…

  6. 「空地」や「空き地」の意味とは?どのような土地のこと?

    「空地」または「空き地(あきち)」とは、宅地や農地などとして利用されることなく、目的を持たないまま放…

  7. 空き地の所有者が誰か分からない時に調べる方法とは?

    近所にある空き地を購入したいけれど、「売地」と記載された看板が立っているわけでもなく、誰が土地を管理…

  8. 空き地や空き家を相続したら?使わない不動産が増える背景

    人口はだんだんと減少しているのに、誰にも使われない家や土地は増加する一方です。国も不動産が空き地や空…

ピックアップ記事

PAGE TOP