menu

実家が空き家になる問題の要因とは?地方の空き家問題が深刻な理由

相続が生じたとき、財産が土地や建物など実家だけという場合には、複数の相続人でその資産を分配しなければならなくなります。

しかし、どの相続人も自分の住まいをすでに構えているために古い実家を相続したがらないというケースでは、実家が空き家になってしまうことも少なくありません。

自分の親は元気だから・・・は通用しない?

実家に誰も住まない状態が続くにしても、そのまま放置しておくことはリスクを大きくしてしまいます。

年々、日本では空き家が増え続けていることが問題視されており、特に地方では深刻な状況に陥っています。

地方から都市部に出た人の中には、まだまだ親は元気だから大丈夫だと軽く捉えてしまいがちですが、いずれ他人事ではなくなる事態が起きるかもしれません。

増えているのはとりあえず空き家状態の家

空き家と耳にして相続するのは、誰も住めなくなって朽ち果てたあばら家のような状態かもしれませんが、確かに屋根や壁が老朽化によって剥がれ落ちて今にも崩れそうな状態のものもあります。

しかし、実際、空き家の多くはそのようなあばら家状態のものではなく、親が介護施設に入所したり、亡くなったりした後に空状態になった家で、とりあえず空き家状態になっているものばかりです。

親がいなくなった後に実家をどのように扱ってよいのか分からないというケースが多く、近所など世間体もあるのでひとまずはそのままにしておき、たまに家族が集まるときに実家に帰省したり管理する程度というケースも多々あります。

今後はさらに空き家が増えると考えられる理由

今後、2023年以降、団塊の世代が後期高齢者に突入していずれ相続が発生することになります。そのとき、都市部に出て地方に戻らなくなった団塊ジュニアが実家をどのように扱うかが問題になるところでしょう。

団塊ジュニアで地方を離れ都市部に移り住んだ多くはマンションに居住しています。マンションで夫婦が共働きしながら生活し、子どもは保育所などに預けて通勤している彼らが、実家に戻って住むことはないでしょう。

夫婦共働きの状態で、勤務先まで通う時間も長くなるのに、実家が空き家になるからと引っ越すことは考えにくいからです。そのため、大都市圏郊外では大量の相続が発生し、空き家となる実家がかなり増えてしまうことが予測されます。

空き家になってからではなく親が元気なうちに・・・

確かに地方の実家をそのままにしていても、税金などの負担もそれほど大きくないのでよいだろうと思うかもしれません。しかし誰も住まなくなった家は老朽化を早め、あっという間にボロボロのあばら家のようになってしまう可能性があります。

もし誰も住む予定がないのなら、親が亡くなったときに空き家となった実家をどうするのか、親が元気なうちに決めておくことも必要だといえるでしょう。

不動産売却で一時的に所得が発生すれば税金がかかる!

相続税は軽減措置や控除などで実際かからないことが多い理由とは?

関連記事

  1. 空き家の問題はかなり重要です。対策を練ろう!

    少し前までは空き家なんて田舎の話でしょう?みんな都会にいって人口が減ったからでしょう?なんて事も言わ…

  2. 空き地を購入した後でまず調査しておきたいこととは?

    家を建てるために空き地を購入するケースでは、家づくりを始める前に事前にやっておきたいことがあります。…

  3. 空き地を看板による広告で収益物件に変える方法とは?

    通り沿いにあり、人の目に留まりやすい場所でありながら、狭小地や非整形な土地なのでアパートの建設や駐車…

  4. 空き地の草刈りは努力義務?法的な拘束力はどの程度?

    自治体によっては、所有している空き地の雑草などを除去する草刈りの必要性や義務について、条例を設けてい…

  5. 空き地を利活用する方法の1つ「看板広告」とは?

    日本では空き家が増え続けていますが、その原因として核家族化が当たり前になっていることが挙げられます。…

  6. 空き家問題を解決する法律「空家等対策の推進に関する特別法」

    平成26年11月、増加の一途をたどる空き家への対策として、「空家等対策の推進に関する特別法」が制定さ…

  7. 都内の空き地は路線価や公示価格、実勢価格など何を目安に価値を決め…

    毎年7月くらいになると国税庁から路線価が発表されます。 ニュースでも大きく取り上げられるので、毎…

  8. 空き家に認定されると税金が6倍に!?空き家対策特別措置法

    土地や建物といった不動産の所有者には、固定資産税が課税されます。そして、土地の場合の固定資産税は、建…

ピックアップ記事

PAGE TOP