menu

空き家が廃墟になってからでは遅い!使わない物件は早めの対処を

空き家が増加している事は社会問題としてしばしば取り上げられていますが、少しでも空き家問題解決に繋がるようにと利活用方法が提案される事も増え、活用次第によって町に良い影響を与える事も認識されるようになりました。

また、空き家を対象としたマッチングサイトやクラウドファンディングなども新しく登場するなど、対策は講じられる様になってはいます。しかし問題は、売りたくても売れない、郊外の老朽化した空き家の行く末です。廃墟になってしまう前に、何らかの対処が必要だと言えるでしょう。

空き家を放置していても良い事はない

空き家を長期間放置した事によって老朽化が進み、庭木は雑草が伸び放題の状態であれば、いずれ役所から所有者に対して通知が届く事になります。それでも何も対処も行わず長期間放置されていた場合、さらに空き家は老朽化を進めてしまいます。

また、役所からの通知文書を無視し続けるわけにはいかないため、結局は空き家を適切に管理するのか、それとも解体して更地にするのかなど検討しなければならなくなります。

廃墟になってしまう前に手入れを行えば売却する事もできるでしょうが、かなり老朽化が進んでしまった家の場合には取り壊すしかない場合も出てくるでしょう。

廃墟になった家は売る事も寄付する事もできない?

適切な管理が行われないまま放置されれば、さらに劣化が進んで資産価値を低下させ、ますます売れなくなってしまい廃墟に向かってしまう事になると理解しておきましょう。

廃墟となった物件は、例え価格を下げたところで実際なかなか売れない状況に陥りますし、仮に役所に寄付したいと申し出ても断られる可能性もあります。

無償でも引き取ってもらえない上に、解体して更地にするには費用が掛かりさらに固定資産税も上がるかもしれないとなると、どうしようもない状態に追い込まれてしまう可能性まで出てきます。

そもそも空き家を取得した理由は?

空き家を取得した理由の過半数は相続によるもので、住む事のない実家を管理する費用や時間がないという相続人も少なくありません。

相続の段階では親の残した資産なので、とりあえずは相続しておこうと思うかもしれませんが、引継いだ後は適切な管理を行う事が必要であると理解しておく事が大切です。

空き家を相続したら売却を検討してみては?

相続で譲り受けたものの、管理せずに放置しておけば劣化が進んで周辺住民の多大な迷惑となる可能性が高く、さらに時間が経過すれば売る事も貸す事もできなくなります。

ある程度市街地周辺にある空き家であれば、早めに売却する事も視野に検討したほうが良いでしょう。

不動産の売却収入を土地と建物に按分する割合には注意が必要?

不動産を売却した時には確定申告は不要?必要?

関連記事

  1. 実家が空き家になる問題の要因とは?地方の空き家問題が深刻な理由

    相続が生じたとき、財産が土地や建物など実家だけという場合には、複数の相続人でその資産を分配しなければ…

  2. 持ち主が不明の空き家に対して今後どのような対策が必要?

    「空家等対策特別措置法」により、住民の生活環境に悪影響を及ぼす空き家は「特定空き家」に指定され、行政…

  3. 空き家を自治体やNPO団体と一緒に活用する方法とは?

    空き家が増え続けていることで自治体による法的規制は強まる一方ですが、中には空き家を上手く活用して事業…

  4. 空き家を更地にすると固定資産税は本当に6倍に上がる?

    土地の上に建つ住宅を解体して更地にした場合、翌年から固定資産税や都市計画税は大幅に増えてしまいます。…

  5. 空き地に生い茂った雑草処理には除草剤が便利?

    空き地を所有している方は、放置していることで繁殖力が強い雑草に覆われてしまい、管理に困ることになりま…

  6. 空き地の有効な探し方とは?憧れのマイホームを建てるために

    これからマイホームを建てたいと考えている方は、まず土地を探すところから始めなければと思っているかもし…

  7. 加速していく行政の空き家対策で空き家は減少する?

    終戦直後の日本は世帯数に対する住宅の戸数は約20万戸不足していた状態だと言われています。そもそも借家…

  8. 空き家を譲渡する時に適用される特別控除とは?

    近年増加傾向にある空き家は、平成25年総務省統計局によると全国に820万戸も存在すると言われているほ…

ピックアップ記事

PAGE TOP