menu

空き地の草刈りを業者に依頼する時には費用以外にも注意が必要!

家の庭や所有している空き地の雑草が伸び放題になっていませんか?
草刈り作業は手間や時間、そして費用も掛かりますので、雑草が伸びたまま放置してしまいがちです。
しかし伸びた草を刈らずに放置してしまうと、人に対して健康被害を及ぼしたり、雑草に害虫が集まってきたりといいことは何一つありません。
雑草の種類によって、臭いを発生させるものもあるので周辺住民にも迷惑になる可能性がありますし、火災などが起きた時には延焼を助長する可能性も出てきます。
そこで庭や空き地の草刈りを業者などに依頼することを考える場合、費用面以外で何に注意すれば良いのか、確認しておきましょう。

 

雑草は早めに除去するほうが良い理由

生い茂った雑草は見栄えを悪くするだけでなく、様々な問題も引き起こしますので、定期的に除去していきましょう。
生えたての頃は手で簡単に抜き取ることができますが、土の中で根を広げ、種を作ってくれば雑草の範囲が広がって根から抜き取ることが難しくなります。
スギナなどは根から芽を出し広がるため、根から除去しなければ増え続けてしまう厄介な植物ですので注意しましょう。

 

草刈り業者に依頼することも方法の1つだけれど・・・

夏の時期には驚くような早さで雑草が成長していきますので、トラブルを未然に防ぐためにも定期的な草刈りを行いましょう。
草刈りはしたいけれど造園業者に依頼してまで行う必要性は感じないし、けれど自分で行うのは時間がないという場合、草刈りサービスなどを行っている業者に依頼すると便利です。
草刈り業者に依頼する場合、法外な料金を請求してきたり、適当に作業を行ったりする悪徳な業者に頼まないように注意が必要です。

 

悪徳な業者はどのように見分ける?

悪徳業者の場合、甘い条件を提示して仕事を終えて提示条件以上の報酬を得ようとしてきます。
依頼したい業者を見かけたら、まずはWebサイトなどの有無や、ネット上の評判・口コミなども確認して信頼できるかを判断していきます。
しっかりとした経歴や実績が掲載されているかもチェックしてください。
ただし自社の評価をサクラによる評価で高めている悪徳業者もいるので、口コミだけを信用してしまわず、最終的には実際に担当者と会って話をした上で決めることが必要です。

 

しっかり作業を行ってくれる業者に依頼すること!

また、料金設定の説明を受ける時には、作業に対する料金が細かく設定されているか、追加料金や経費別途請求といったよく分からない項目が多く含まれていないかを確認します。
そして草刈りのスキルがどのくらい高いかにも注目してください。優良な業者ならどのような作業を行うのか詳しく説明できるはずです。

空き家や特定空き家と判断されてしまう基準とは?

抵当権が付いた不動産を売却することはできる?

関連記事

  1. 空き家が廃墟になってからでは遅い!使わない物件は早めの対処を

    空き家が増加している事は社会問題としてしばしば取り上げられていますが、少しでも空き家問題解決に繋がる…

  2. 空き地の利活用対策に実施される国のモデル調査とは?

    令和元年6月14日から、国土交通省では空き地対策の一環として、「空き地対策の推進に向けた先進事例構築…

  3. 空き地にかかる税金は高くなる?特定空家等とは?

    土地や建物など、不動産を所有していれば「固定資産税」と地域によって「都市計画税」を毎年納税しなくては…

  4. 空き家で農業を楽しむ暮らしをしてみては?

    近年、穏やかに田舎暮らしをしたいという人たちが増え、農業や家庭菜園を楽しみながらの暮らしが求められる…

  5. 気になる!空家等対策計画とはどういうものなの?

    H27年に完全に施行された空家等対策ですが、まだまだこれらの計画の概要をよく知らない人も多いのではな…

  6. 空き地と空き家への対策はどのように進んでいる?

    全国で放置される空き家や空き地が問題視され、対策が急がれているところといえます。特に空き家は老朽化に…

  7. 空き家を譲渡で特別控除!? 税制改正のポイント

    総務省の「住宅・土地統計調査」によると平成25年10月の時点で、全国の空家率は13.5%(820万戸…

  8. 空き家の代執行による除却費用は税金負担?

    空き家が危険なまま放置されると、特定空き家に指定され指導、助言、勧告、命令が下され、いずれは代執行と…

ピックアップ記事

PAGE TOP