menu

空き地をコンクリート敷きの駐車場にする相続税対策できる?

使い道も目的もない土地をそのまま寝かしている場合や、いずれ物納に使おうとそのまま放置している場合、アスファルトやコンクリート敷きの駐車場として活用することで相続税対策に繋がる可能性があります。
リタイア後、年金だけの収入では不安がある場合には、老後資金等の収入源にもなるので検討してみると良いですが、相続税対策に繋げるには活用方法に注意する必要があります。

 

建築費はかからず維持費が安い!

駐車場として利用されている土地は、上に住宅が建っている土地よりも固定資産税は高いです。しかし、アパートなど賃貸物件を建てることと比べれば建築費も掛かりませんし、維持費なども比較的安く済むので低いリスクで収益を期待することができます。

 

固定資産税は高くなる点に注意

ただし誰も住まなくなった家を壊して「更地」にし、土地を駐車場として利用する場合には土地の固定資産税の軽減措置が適用されなくなることで、これまで6分の1に圧縮されていた固定資産税が元に戻ります。

 

ジャリ敷きの駐車場にメリットはない

また、駐車場として経営する時に舗装せずにジャリ敷きでも良いと思うかもしれませんが、この場合、相続税対策にメリットは生まれません。
ジャリ敷きの土地は更地と同じ扱いなので、固定資産税は高いままで、さらに「自用地」扱いとなることで相続税評価額を引き下げることはできなくなります。

 

アスファルトやコンクリート敷きなら・・・

そこでアスファルトやコンクリート敷きの駐車場とすることにより、扱いは「構築物」になるので200㎡まで50%減となる「貸付事業用宅地等の特例」を適用させることができます。
例えば駐車場をアスファルトに舗装する場合、一般的に1㎡当たり5,000円程度の工事費用が掛かります。ただし、アスファルト舗装の償却期間は10年なので、その期間をかけて経費としてあげて行くこともできます。
なお、土地に車を何台停めることができるかによって収入は異なりますが、1台当たり20㎡の敷地が必要であることを認識しておきましょう。

 

工事の手間は掛かったとしても収入源として期待できる!

雑草が生い茂る空き地は、刈る処理だけでも大変な作業です。アスファルトの駐車場にするためには、この雑草を根元から処理をして、重機を使い整地します。
地面を掘ると粘土状の土などが出てくれば、下地としてふさわしくないので改良する作業も必要です。
さらにコンクリートの基礎コンクリートを打ってブロックを積み、アスファルト舗装工事、掘削、敷取り、敷均しなどを行い、下地にも水勾配を取って転圧をかけて仕上げていきます。
手間が掛かる作業ですが、空き地を放置していれば草木が生え、生い茂って隣家や周辺に迷惑が掛かる可能性があります。駐車場として利用することで収入源にも繋がることが期待できますので、検討してみてはいかがでしょう。

空き家で農業を楽しむ暮らしをしてみては?

身内の間で不動産を売却する時の名義変更手続きのポイントは?

関連記事

  1. 空き家を譲渡する時に適用される特別控除とは?

    近年増加傾向にある空き家は、平成25年総務省統計局によると全国に820万戸も存在すると言われているほ…

  2. 空き地の管理は所有者の義務?条例により規定されている自治体がほと…

    日本は人口の減少が進んでおり、土地の需給構造がだんだんと変化していることで、利用されていない空き地が…

  3. 空き家にかかる電気代ってどのくらい?水道光熱費の目安は?

    生活のライフラインは人が住んでいる家なら当然ですが、誰も住んでいない場合でも維持管理費がかかります。…

  4. 空き地と空き家への対策はどのように進んでいる?

    全国で放置される空き家や空き地が問題視され、対策が急がれているところといえます。特に空き家は老朽化に…

  5. 使い道のない空き家を放置するリスクとは?

    自分が望んで手に入れた不動産であるわけではなく、親から実家を相続したことで不動産などを所有することも…

  6. 空き家対策特別措置法とは?

    平成27年度に施行された空き家対策特別措置法ですが、どのような内容か理解している人は少ないのではない…

  7. 空き家を活用するビジネスが盛り上がりを見せている?その内容とは?…

    空き家を所有している場合、使う予定がないので売却しようと考える方もいれば、上手にビジネスなどに活用す…

  8. 空き家が廃墟になってからでは遅い!使わない物件は早めの対処を

    空き家が増加している事は社会問題としてしばしば取り上げられていますが、少しでも空き家問題解決に繋がる…

ピックアップ記事

PAGE TOP