menu

空き地をコンクリート敷きの駐車場にする相続税対策できる?

使い道も目的もない土地をそのまま寝かしている場合や、いずれ物納に使おうとそのまま放置している場合、アスファルトやコンクリート敷きの駐車場として活用することで相続税対策に繋がる可能性があります。
リタイア後、年金だけの収入では不安がある場合には、老後資金等の収入源にもなるので検討してみると良いですが、相続税対策に繋げるには活用方法に注意する必要があります。

 

建築費はかからず維持費が安い!

駐車場として利用されている土地は、上に住宅が建っている土地よりも固定資産税は高いです。しかし、アパートなど賃貸物件を建てることと比べれば建築費も掛かりませんし、維持費なども比較的安く済むので低いリスクで収益を期待することができます。

 

固定資産税は高くなる点に注意

ただし誰も住まなくなった家を壊して「更地」にし、土地を駐車場として利用する場合には土地の固定資産税の軽減措置が適用されなくなることで、これまで6分の1に圧縮されていた固定資産税が元に戻ります。

 

ジャリ敷きの駐車場にメリットはない

また、駐車場として経営する時に舗装せずにジャリ敷きでも良いと思うかもしれませんが、この場合、相続税対策にメリットは生まれません。
ジャリ敷きの土地は更地と同じ扱いなので、固定資産税は高いままで、さらに「自用地」扱いとなることで相続税評価額を引き下げることはできなくなります。

 

アスファルトやコンクリート敷きなら・・・

そこでアスファルトやコンクリート敷きの駐車場とすることにより、扱いは「構築物」になるので200㎡まで50%減となる「貸付事業用宅地等の特例」を適用させることができます。
例えば駐車場をアスファルトに舗装する場合、一般的に1㎡当たり5,000円程度の工事費用が掛かります。ただし、アスファルト舗装の償却期間は10年なので、その期間をかけて経費としてあげて行くこともできます。
なお、土地に車を何台停めることができるかによって収入は異なりますが、1台当たり20㎡の敷地が必要であることを認識しておきましょう。

 

工事の手間は掛かったとしても収入源として期待できる!

雑草が生い茂る空き地は、刈る処理だけでも大変な作業です。アスファルトの駐車場にするためには、この雑草を根元から処理をして、重機を使い整地します。
地面を掘ると粘土状の土などが出てくれば、下地としてふさわしくないので改良する作業も必要です。
さらにコンクリートの基礎コンクリートを打ってブロックを積み、アスファルト舗装工事、掘削、敷取り、敷均しなどを行い、下地にも水勾配を取って転圧をかけて仕上げていきます。
手間が掛かる作業ですが、空き地を放置していれば草木が生え、生い茂って隣家や周辺に迷惑が掛かる可能性があります。駐車場として利用することで収入源にも繋がることが期待できますので、検討してみてはいかがでしょう。

空き家で農業を楽しむ暮らしをしてみては?

身内の間で不動産を売却する時の名義変更手続きのポイントは?

関連記事

  1. 増え続け放置された空き地対策の必要性について

    地方では使われなくなった畑、そして誰も住んでいない家を解体した後の空き地などが増えています。 地…

  2. 空き家を賃貸住宅に活用するなら補助金が利用できる?

    増え続ける空き家は現在社会問題になっており、国は空き家の活用や売却が促進されるために様々な施策を進め…

  3. 草刈りが行われていない雑草が伸び放題の迷惑な空き地が増えている?…

    草刈り機などは重さがあるので、草刈りを行う作業は重労働である事から、高齢者などの場合、作業が行えない…

  4. 増加する空き地と空き家問題!なぜここまで増える?

    空き家や空き地は全国で増加傾向にあり、今後人口が減少することや過疎化が進むことでさらに増えると考えら…

  5. 空き家が増加する背景にはどんな問題が見え隠れしている?

    現在、管理されていない空き家が増え続けていることが社会問題になっていますが、空き家が増加する背景には…

  6. 各自治自体に設けられた空き地を適切に管理するための条例による効果…

    空き地を放置したままにしておくと、その近隣に人的や物的な被害が生じた場合、損害賠償責任が生じることに…

  7. 所有者不明の空き地や空き家が増え続けている理由は?

    全国で空き地や空き家が急増していることで、誰が持ち主か登記簿などで確認しても、実際の所有者まで辿り着…

  8. 葛飾区で土地売買を検討しているなら課税される消費税についても注意…

    家や土地など不動産を購入する場合、数千万円や億単位で金額が動くことになるため、8%という消費税が、か…

ピックアップ記事

PAGE TOP