menu

空き家で農業を楽しむ暮らしをしてみては?

近年、穏やかに田舎暮らしをしたいという人たちが増え、農業や家庭菜園を楽しみながらの暮らしが求められる傾向にあります。
しかし農地は一般の人が気軽に借りることはできないので、趣味として農業を楽しむことができるように空き家や農地をセットで借りること、または購入することができる地域や、農家民泊やクラインガルテン等を利用した年間での農業体験ができる地域などもあるようです。

 

なぜ気軽に農地を借りることができないのか

田舎に住みたいと実際に足を運んでみると、所有者が高齢化し、現在は農業をやめてしまったのか使用されていない田んぼや畑などを目にすることもあるでしょう。
もし田んぼや畑が売りに出されていたら、金額もそれほど高くないので買いたいと思う人もいるかもれませんし、使わないのなら貸してほしいと思う人もいるかもしれません。
しかしいくら使っていない田畑だとしても、農地は農家や農業者でなければ購入することができなくなっています。
農業者は営農技術を保有する人なので、趣味として農業をしたいと思っていても入手できない土地です。

 

農地と空き家をセットで売買できる?

田舎への移住することをきっかけとして、本気で農業を始めたいと思っても、新たに就農する際には一定以上の農地取得が必要です。
家庭菜園程度の小規模な農地では農業と認められず、農地法の規制で新しく農業を始めることが出来ない可能性があるでしょう。
平成29年7月より、空き家バンクに登録する農地付空き家については転売を可能としています。農地付空き家で困っている人には嬉しい情報ですし、または空き家バンク登録物件とセットで農地を取得したいという人も要件が緩和され、新しく農業を始めやすくなっています。

 

農業のある生活が推進されていることで要件緩和に!

空き家とセットで農地を取得する場合、農地取得の下限面積要件として「都府県50a以上」「北海道2ha以上」が基本です。
しかし、この基準を「1a以上」にまで引き下げる農業委員会も増えており、ついにその数は30を超えています。農地法の権利取得については、近年、多くの農業委員会で要件緩和に取り組み、空き家バンクの急増とともに全国的な動きになりつつあると考えられます。
新規就農者が参入しやすくなり、IターンやUターンの人が定住しやすくなることを促進するなど、地域の実情に応じた下限面積が設定されていると言えるでしょう。移住支援と農地が有効利用できるように進められていくことが期待されます。

空き地の地番と住所は別!それってどういうこと?

空き地をコンクリート敷きの駐車場にする相続税対策できる?

関連記事

  1. 空き家を放置すると様々なリスクを負うことに!

    超高齢化が進む日本では、誰も住まなくなった「空き家」が大きな問題になっています。日本各地で放置された…

  2. 放置され続ける空き家が増加する背景には愛着心が関係する?

    全国各地に空き家が増え続けることが問題視されていますが、その背景には何が隠されているのでしょう。…

  3. 空き家整理が社会問題化!今後不要な物件はどう対処すべき?

    2016年の人口動態統計の年間推計を見ると、統計が開始された1899年から1年間に生まれた子供の数が…

  4. 空き家や空き家率の今後の推移は?増加を防ぐには何が必要?

    2017年から2030年度までの、新設住宅着工戸数、リフォーム市場規模、さらに2018年から2033…

  5. 空き家を活用するビジネスが盛り上がりを見せている?その内容とは?…

    空き家を所有している場合、使う予定がないので売却しようと考える方もいれば、上手にビジネスなどに活用す…

  6. 【空き家】の維持費や管理費ってどのくらい? 家の現状はどう?

    空き家の維持と聞いてまず思い浮かべるのが間違いなく固定資産税でしょう。 H27年からは空き家等特…

  7. 空き家を有効に使うにはどのような使い道が良い?

    実家を相続したけれど誰も住むことがなく、かといって取り壊すのにはもったいない、何か有効な活用方法があ…

  8. 空き地は所有しているだけで固定資産税がかかる!問題を解決するには…

    不動産を所有していれば、仮に使用していなくても固定資産税は毎年支払うことになります。空き地や空き家な…

ピックアップ記事

PAGE TOP