menu

空き家を有効に使うにはどのような使い道が良い?

実家を相続したけれど誰も住むことがなく、かといって取り壊すのにはもったいない、何か有効な活用方法があれば・・・と考えている人は少なくないでしょう。
思い出の詰まった家なので、本当なら自分が実家に帰って住むことを希望しているけれど、既にマイホームを構えているという場合や、遠方で働いているので住むことができないという場合もあるはずです。
しかしせっかくの土地や建物という財産を、そのまま何も使わないまま放置してしまうと、いずれ倒壊などの危険があると判断されて解体勧告や強制解体される可能性も出てきます。
ではどのような空き家の活用方法があるのか、有効な方法を見つけるために確認しておきましょう。

 

賃貸物件として活用する

最も活用な方法が賃貸住宅として他人に貸す方法です。利便性が高い場所であるほうがニーズは高いですが、田舎暮らしがブームとなったことが影響して、古民家なども需要が高いケースも見られます。リノベーションなどを駆使してカフェや雑貨店などに利用できるような魅力を引き出しましょう。

 

地域のコミュニティの場として貸し出す

地域に貢献するという意味で、地域コミュニティ活動やボランティア団体などに貸し出すという方法もあります。賃貸物件ではないので収入は見込めませんが、維持管理費用などが軽減されますし、人の出入りがあることで劣化が進みにくくなり、防犯上の問題もクリアできます。

 

売却する、または駐車場などに活用する

建物の老朽化がすでに進んでいる場合は、いっそのこと取り壊して更地にし、売却するか駐車場などに活用するほうが良いケースもあります。
また、賃貸契約などの手続きや維持管理ができない場合にも、中古物件として売却を検討しましょう。

 

空き家バンクなどで情報を確認してみては?

自治体などが運用している空き家支援制度に「空き家バンク」があります。空き家情報を地方自治体のWebサイトなどで掲載し、情報を発信していますので、田舎に移住するニーズの高まりなどによって注目されつつあります。
自治体によっては空き家を活用する際に補助金などが支給されることもありますし、民間企業でも空き家活用のコンシェルジュをサービスとして提供していることがあるので確認してみても良いでしょう。

 

不安な点は専門家に相談がベスト!

このように利用できるサービスもありますが、実際、空き家を有効活用したくてもピンとこないという人も少なくないでしょう。このような場合、専門家などに相談することをオススメします。
空き家はそのまま放置していても、建物の老朽化を早め、周辺住民の危険な存在になるだけです。上手く利用することで収入源になることもあれば、誰かの役に立つこともある財産ですので、有効に活用することを検討しましょう。

不動産の賃貸には敷金と礼金以外に「保証金」が掛かる?

マイホーム購入後の不動産引渡しの際に確認しておきたいこととは?

関連記事

  1. 空き家の取り壊しにかかる解体費用はどのくらい?

    誰も住んでいない空き家を所有しているけれど、管理ができないことで取り壊しの必要が出てきた場合にはその…

  2. 所有者不明の空き地や空き家が増え続けている理由は?

    全国で空き地や空き家が急増していることで、誰が持ち主か登記簿などで確認しても、実際の所有者まで辿り着…

  3. 空き家や空き家率の今後の推移は?増加を防ぐには何が必要?

    2017年から2030年度までの、新設住宅着工戸数、リフォーム市場規模、さらに2018年から2033…

  4. 実家が空き家になる問題の要因とは?地方の空き家問題が深刻な理由

    相続が生じたとき、財産が土地や建物など実家だけという場合には、複数の相続人でその資産を分配しなければ…

  5. 空き地の適切な管理で重要なのは草刈り!頻度とかかる費用は?

    空き地を所有している場合、空き家ほど手間はかからないと考えられてもやはり管理は必要です。しか…

  6. 所有する空き地や空き家の管理は誰の責任?

    空き地を所有している方で、自身を持って適切な管理を行っている方なら問題ありません。しかし、空…

  7. 相続人全員が相続放棄したら相続財産である空き家はどうなる?

    亡くなった親が住んでいた実家を相続することになったものの、十分に管理できる状況でもなく、さらに誰かが…

  8. 空き家の所有者が誰か分からないと後で問題が大きくなる?

    国土交通省は、市町村が空き家所有者の情報を外部に提供するにあたり、法の整備や運用方法、留意点をまとめ…

ピックアップ記事

PAGE TOP