menu

空き家を相続した時に名義変更は必ず行う必要がある?

相続が発生すると、被相続人が名義となっている不動産を相続人に変更する手続きを行います。これが「相続登記」ですが、法的義務がないため相続手続きの中でも後回しにされがちな手続きです。
しかし亡くなった人の名義のままで放置しておくと、色々なトラブルが生じることになり兼ねませんので、相続した不動産はできるだけ早く相続登記を行うことが必要です。

 

相続登記をしないまま放置される例もある

相続登記を行うには登録免許税が掛かります。登記を自分で行う人は少ないので、司法書士に依頼することが一般的ですが、そうなれば報酬を支払う必要も出てきます。
出費が掛かる上に法的な義務はなく、相続税の申告と異なり申請期限も設けられていませんので、手続きも面倒だし費用も掛かるからという理由で被相続人の名義のまま放置する例も決して少ない訳でもないようです。

 

今すぐは不都合がなくても・・・

仮に名義を変えなくてもしばらくは遺族に不都合も生じることはないでしょう。しかし相続登記を行わないままにしていれば、何かの理由で家を手放さなくてはいけなくなった時に、被相続人の名義のままの不動産は売却することができません。
家を担保にお金を借りたいという場合でも、被相続人名義で金融機関が融資を実行することはありませんので、いずれ不都合になる事態が生じることを念頭に置いておく必要があります。

 

相続登記を早く行った方が良い理由

不動産の名義を変更する相続登記には、遺産分割協議書を添付する必要があります。法定相続人が話し合いをした結果、遺産をどのように分けるかを決めて書面にしたものが遺産分割協議書ですが、法定相続人全員が署名と実印の押印をして作成します。
しかし年月が経過すれば法定相続人の数が増え、気が付くと2桁にまで拡大されるケースもあります。交流や面識のない相続人に遺産分割協議に賛同してもらう手間がかかり、中には自分の権利を主張して印鑑を押さないというケースも出てくるかもしれません。
また、相続した不動産の隣から土地の境界確定を求められた場合など、名義が被相続人のままではすぐに応じることも出来ないので、早めの相続登記が必要です。

 

相続登記しないまま放置すると子や孫に影響が及ぶことに・・・

中には古く資産価値のない家を相続したくないとう理由で、意図的に名義変更をしないケースもあるようです。
建物の管理や固定資産税を負担することを避けるために相続を敬遠するといった理由でしょうが、相続登記が先送りにされれば、その子や孫世代に影響が及ぶことは理解しておくべきでしょう。

相続財産に未登記の不動産があった時の対応は?

不動産探しに欠かせない「内見」でチェックしたい項目は?

関連記事

  1. 更地の相続は損?空き地は有効活用することで節税対策に!

    例えば家が建っていない更地を相続した場合、何も対策を講じなければしなかった場合には大きな納税資金が必…

  2. 空き家対策特別措置法とは?

    平成27年度に施行された空き家対策特別措置法ですが、どのような内容か理解している人は少ないのではない…

  3. 実家に将来住み続ける?それとも別に住居を構えて空き家にする?

    もし自分が独身で、親一人子一人で実家に同居しているとします。 そのような場合、将来親の相続が発生…

  4. 空き家を譲渡する時に適用される特別控除とは?

    近年増加傾向にある空き家は、平成25年総務省統計局によると全国に820万戸も存在すると言われているほ…

  5. 加速していく行政の空き家対策で空き家は減少する?

    終戦直後の日本は世帯数に対する住宅の戸数は約20万戸不足していた状態だと言われています。そもそも借家…

  6. 空き地や空き家を相続したら?使わない不動産が増える背景

    人口はだんだんと減少しているのに、誰にも使われない家や土地は増加する一方です。国も不動産が空き地や空…

  7. 空き地や空き家が抱える問題で認識しておくべきこととは?

    増え続けている空き地や空き家の問題には色々な原因が考えられます。どのようなことが要因となって、使わな…

  8. 空き地管理の対策は空き家ほど進んでいない!空き地が増えることでの…

    日本は少子高齢化の上、人口が減少しており、地方都市や郊外を中心として空き家や空き地が増えつつあります…

ピックアップ記事

PAGE TOP