menu

空き家を賃貸住宅に活用するなら補助金が利用できる?

増え続ける空き家は現在社会問題になっており、国は空き家の活用や売却が促進されるために様々な施策を進めています。
このような中、賃貸住宅に入居を希望しても断られやすい単身高齢者や低所得者が安心して家を借りることができるように、空き家や空き部屋を活用できる新たな「住宅セーフティネット制度」が2017年10月25日開始されました。
これは空き家などの所有者が物件を登録し、賃貸住宅として提供する事で自治体は家賃の一部や改修費用などを補助するというものです。

 

既にあるストックを上手く活用するために

賃貸住宅に入居を希望する際に断られやすいのは単身高齢者、そして低所得のひとり親世帯などで、そもそも公営住宅や子育て世帯が求める広さの民間賃貸住宅も不足している状態です。
それなら全国的に増え続ける空き家を活用すれば良いという事で、今あるストックを活用して住まいが必要な人の住環境を整備する事に繋げようという施策です。

 

制度を利用するためには?

制度を利用するためには、空き家や空き部屋の所有者が都道府県、政令市、中核市などに賃貸住宅として届け出を行います。
ただし登録する際には条件が設けられており、まず高齢者などの入居を拒まないこと、物件の床面積が25㎡以上であること(シェアハウスは専用部分9㎡以上)、そして耐震性がある事などが必要です。
登録された物件情報を自治体がWebサイトなどで公開し、適正な物件かを指導監督して実際に入居した後もトラブル対応を行う形になっています。

 

補助金はどのようなケースで支払われる?

もし物件をバリアフリー化する場合や耐震改修が必要な場合には、物件所有者に最大200万円が助成されます。さらに低所得者に対する家賃を月額4万円まで補助し、連帯保証会社に対する債務保証料も最高6万円助成します。

 

制度にはデメリットもある?

不動産市場では流通性が低い空き家であれば、補助金を使うことで積極的に登録が進むでしょう。反対に流通性が高い空き家の場合は、登録すると高齢者などに家を貸すリスクを恐れて登録に消極的になることも予想されます。
ということは借り手となる高齢者や子育て世帯が希望する物件と登録される物件とがマッチングしないケース、補助金を利用して改修しても借り手が付かないケース、条件の良い物件に入居希望者が集中するケースもあるかもしれません。

 

今はデメリットばかり気にしていられない状況

しかし日本賃貸住宅管理協会が実施した調査によると、単身高齢者の入居に対して拒否感を持っている家主は65%、高齢者のみの世帯に対しては55%、ひとり親世帯には14%という結果が出ています。
家賃の支払いに対する不安や、居室内で死亡事故などが起きないかという不安が入居を制限する理由の様ですが、住まいを確保できない人たちのためにも必要な制度かもしれません。

空き家整理が社会問題化!今後不要な物件はどう対処すべき?

不動産購入資金の贈与を親から受けた時の非課税制度とは?

関連記事

  1. 空き地の草刈りを業者に依頼する時には費用以外にも注意が必要!

    家の庭や所有している空き地の雑草が伸び放題になっていませんか? 草刈り作業は手間や時間、そして費…

  2. 空き家対策特別措置法とは?

    平成27年度に施行された空き家対策特別措置法ですが、どのような内容か理解している人は少ないのではない…

  3. 大手不動産や警備会社が参入中!「空き家管理サービス」とは?

    日本には800万戸を超える数の空き家があると言われていますが、遠方で住んでいる場合などなかなか空き家…

  4. 空き地管理の対策は空き家ほど進んでいない!空き地が増えることでの…

    日本は少子高齢化の上、人口が減少しており、地方都市や郊外を中心として空き家や空き地が増えつつあります…

  5. 空き地に伸び放題となった雑草 近隣住民の悩み

    住宅地にある放置された空き地に雑草が生い茂り、環境悪化や犯罪の温床になっているというケースはけっして…

  6. 増加する空き家!家を相続したらどうすれば良い?

    2015年5月26日に新たに「空家等対策特別措置法」が施行され、放置したままにしておくと倒壊や保安上…

  7. 空き地の所有者が誰か分からない時に調べる方法とは?

    近所にある空き地を購入したいけれど、「売地」と記載された看板が立っているわけでもなく、誰が土地を管理…

  8. 空き家を撤去する時にかかる費用はどのくらい?

    家を取り壊した場合には土地の固定資産税は軽減措置を受けることが出来なくなるので、税金が大幅に高くなる…

ピックアップ記事

PAGE TOP