menu

空き家の維持費はどのくらいかかる?自分で管理は可能?

不動産を所有している限りは固定資産税など支払い続ける必要がある税金がありますが、これは誰も住んでいない空き家でも同じです。なお、市街化区域では固定資産税と一緒に都市計画税も課税されます。
どちらの税金の土地と家と別々で計算されて課税されますので、ただでさえ老朽化などで倒壊の危険が危ぶまれる空き家を放置しておく事はリスクでしかないと言えます。
空き家に住む予定があるのなら適切に管理をしていく必要がありますが、固定資産税などの税金以外にどのくらいの維持費が必要になるのでしょう。

 

空き家に電気は必要?

一般家庭で電気を使う場合には、基本料金プラス使用量に応じた電気代を支払う事になります。
そのため電力契約をしていれば、全く電気を使わなかったとしても基本料金を負担する必要が出てきます。
空き家の電力契約を継続しておくかどうかは、定期的に通電することが必要な電気設備があるかなどで変わってくるでしょう。
もし継続するなら普段はブレーカーを落としておくと、電力使用量がない月の基本料金は半額になります。

 

上下水道はどうすれば良い?

水道管を長期間放置したままにすると、サビが出て水が赤くなることがあります。放水を続けるとだんだんと収まってきますが、定期的な通水を行うことが必要です。
ただし定期的に通水するなら上下水道を止めることはできません。上下水道は自治体の運営なので、どのような料金体系かを水道局などで確認しましょう。

・上水道使用料
上水道は配管の外径寸法である呼び径で基本料金が決まり、それに従量料金が使用料によって決まる自治体がほとんどです。
自治体によっては一定水量まで基本料金に含める設定になっていることもありますので、確認しておきましょう。

・下水道使用料
基本料金と排出量である従量料金が基本となることが一般的ですが、基本料金に一定の排出量が含まれる自治体もあります。
下水道使用料についても水道局で確認しておくようにしましょう。

 

空き家の火災保険は?

空き家で置いておくことで近隣に被害を及ぼす可能性を考えれば、何らかの保険に加入しておくことも必要です。
しかし多くの住宅用保険は空き家を対象としていませんので、住宅として使われてないなら加入できません。
空き家の場合は、店舗や事務所など住宅以外の一般物件が対象となる保険に加入する事になり、一般的な住宅用保険よりも保険料は高めです。
ただし空き家に家財が残っていて、一時的に住宅として使用されるなら住宅扱いになるケースもありますので保険会社に確認してみましょう。

 

自分で管理できないなら巡回サービスの利用も検討を

他にも湿気を取り除く定期的な通風や日光の取り入れ、庭木の手入れ、ポストへ投函された郵便物やチラシなどの回収なども必要です。
数か月に1度は空き家に訪れ管理する事が必要ですが、もし遠隔地で住んでいる場合などは管理を続ける事が本当にできるのか、できないなら空き家巡回サービスなどを利用するのかなどを検討する必要があると言えるでしょう。

不動産売却の手順は?一連の流れが知りたい!

空き家を更地にすると固定資産税は本当に6倍に上がる?

関連記事

  1. 空き地など所有する敷地などに無断駐車されている場合の対策

    土地などを所有している人なら経験したことがある「無断駐車」という問題ですが、自分の所有でなくても契約…

  2. 空き家を改修する場合などに利用できる助成金とは?

    空き家で住もうと考えているけれど、古くなった家のトイレや風呂、キッチンなどに不便さを感じるという場合…

  3. 空き家に必要なのは適正管理!できない場合には?

    急速に進む少子高齢化と核家族化で、現在問題視されている空き家はさらに増え続けている状況です。空き家の…

  4. 実家に将来住み続ける?それとも別に住居を構えて空き家にする?

    もし自分が独身で、親一人子一人で実家に同居しているとします。 そのような場合、将来親の相続が発生…

  5. 【空き家】固定資産税 が値上がりするってホント?

    空き家対策としてH27年度から特定空き家等対策特別措置法(以後特定空き家)ができました。 その結…

  6. 埼玉県の空き家実態調査を読む

    さまざまな事情により、所有している空き家の管理が適切に行えていない持ち主の方が増えています。その場合…

  7. 持っているだけの空き地をうまく活用する使い方とは?

    親から相続した土地など、使い道がなくただ所有しているだけという人はいないでしょうか。土地を遊ばせ空き…

  8. 空き家の対策をしておかないと税金があがる?

    ここ数十年で空き家はどんどん増えてきています。 増えているのにはもちろん、理由がありました。…

ピックアップ記事

PAGE TOP