menu

個人でも空き地の所有者を調べることは可能?

良い空き地を見つけたので購入したいけれど、売地という看板も出ていないし問い合わせ先も分かららないので、直接所有者と連絡が取りたいという場合もあるかもしれません。


空き地を買いたい、もしくは借りたいという場合は、土地の所有者と売買契約や賃貸借契約を締結することが必要ですので、土地の所有者を特定することから始めなくていけなくなります。
長年使われることなく空き地のまま放置されている土地の場合、所有者が亡くなったことで相続人が所有権移転登記など手続きをしていない可能性もあるかもしれませんので、まずは個人で土地の所有者を調べる方法を把握して調査から始めましょう。

 

法務局で請求することで所有者を確認できる書類とは?

法務局で誰でも請求できる「登記事項要約書」であれば、その不動産の地目や地積など表示に関する事項、そして今その土地の所有者が誰なのか、その人の住所など所有権に関する事項、また、抵当権は設定されているのかなど権利に関する事項が確認できます。
請求の際には土地の正確な地番が必要になりますが、住居表示実施などで住所と地番が異なっているケースも多々あります。法務局に備え付けられている地番の記載があるブルーマップ、住居表示台帳から確認しましょう。

 

要約書に記載されるのは現在の情報のみ

なお、登記事項要約書にはあくまでも土地の現在の情報が記載されますので、過去の土地の情報履歴まで知りたいたいという場合には向いていません。
例えば過去に競売があった土地なのかなど、詳しいことが知りたい場合には「登記事項証明書」を取得することが必要です。

 

登記事項証明書は全部事項証明書の請求を

登記事項証明書も同じく法務局で請求することができます。登記事項証明書のうち、「全部事項証明書」を取得すれば抹消された事項も含めた現在までの内容が記載されます。
要約書は管轄している法務局でなければ請求できないのに対し、登記事項証明書であれば全国どこの法務局からでも請求が可能です。
例えば東京都内の土地の情報が知りたいという人が、大阪の法務局で請求手続きを行うことも可能になるということです。なお、要約書と同じく正確な土地の地番が必要になります。

 

広い土地の場合は筆数に注意を!

要約書も登記事項証明書も、1筆の土地についての情報のみが記載されます。
例えば目的とする土地がいくつもの筆に分けられている場合には、それぞれの土地の地番を記載して請求しなければならなくなります。
特に広さがある土地の場合は、その土地全部で1筆なのか、それともいくつかの筆にまたがった形になっているか、法務局で公図を取得して地図と比較しながら確認しておきましょう。筆によって所有者が異なるケースもありますので必ず確認が必要です。

相続税は誰が払う義務がある?納税義務者は?

相続発生後に被相続人の財産調査を行う方法とは?

関連記事

  1. 空き地を看板による広告で収益物件に変える方法とは?

    通り沿いにあり、人の目に留まりやすい場所でありながら、狭小地や非整形な土地なのでアパートの建設や駐車…

  2. 空き家条例とは?

    近年、増え続けてきた空き家に対して平成27年度に国は本格的に空き家対策についての法案を可決しました。…

  3. 空き地は所有しているだけで固定資産税がかかる!問題を解決するには…

    不動産を所有していれば、仮に使用していなくても固定資産税は毎年支払うことになります。空き地や空き家な…

  4. 気になる!空家等対策計画とはどういうものなの?

    H27年に完全に施行された空家等対策ですが、まだまだこれらの計画の概要をよく知らない人も多いのではな…

  5. 不動産事業者が空き家買取りとリフォームで減税される?中古物件流通…

    国土交通省は全国で増得続ける空き家を何とか流通させようと試行錯誤しているようです。 そこで、不動…

  6. 空き家の維持費はどのくらいかかる?自分で管理は可能?

    不動産を所有している限りは固定資産税など支払い続ける必要がある税金がありますが、これは誰も住んでいな…

  7. 空き家が増加する背景にはどんな問題が見え隠れしている?

    現在、管理されていない空き家が増え続けていることが社会問題になっていますが、空き家が増加する背景には…

  8. 空き家をビジネスで活用する方法

    一般のサラリーマンでも不動産投資を行う時代へと流れは変化を続けています。 そんな中でも今、注目さ…

ピックアップ記事

PAGE TOP