menu

空き家を再生させよう!プロジェクトはどんなものがある?

空き家って近年どんどん増えているんですよ。
そしての増えた空き家はどんどん古くなり時には近隣住民を危険に晒してしまう事もあるくらいです。
今や空き家は放置しておいてよいものではありません。
ではどうすればいいのでしょうか?
取り壊すというのも1つの選択肢ではあります。
しかし、ここは敢えて空き家を活用して何かプロジェクトを始めてみませんか?

 

◆空き家をつかって自由自在に生活できる

空き家再生プロジェクトとして、「原状回復の必要がない賃貸戸建」というものが存在しています。
これはどういう意味かと言うと、賃貸として貸し出した物件であれば通常は退去する際に原状回復費用が請求されます。
例えば勝手に内装をさわったり設備を変えたりしても費用は請求されます(オーナー許可が出たものは請求されません)
しかし、このプロジェクトはなんと!内装の壁紙を変えようが外観を自分でとそうしようが一切関係ないのです。
特におすすめなのはアーティスト関係の人たちです。
要は自分で古民家を自由に作り替えたり色を塗ったりして自分の城を気付きあげる方も居るのです。
ここまでできるのは不要になった空き家だからこそです。
特にメインで借りる方がイラストレーターなどもいるのでその独創的なデザインのまま次に貸し出すことも可能なのはオーナーさんとしてもありがたい事ですね。
このようなプロジェクトも始動していますよ。

 

◆空き家をテナントへ

古い空き家をテナントや料理店にするところが年々増えてきています。
一般の方は古くて住めないからと使い道がなくとも、お店やショップというくくりで使えるだけでその幅はかなり広がる事でしょう。
特に少し改装さえすれば、近隣の子供たちの為に塾を開いたりお茶会を開いたりとそういった集まりの場とすることも可能でしょう。
不動産オーナーとしてもそのまま放置するよりは適度に収入がある方が良いでしょう。

 

◆今はやりのシェアハウス

比較的綺麗な空き家であれば少し内装を改装して部屋を増やし、学生たちに大人気なシェアハウスとして再生させるというのも1つの良い方法とも言えるでしょう。
とにかく放置していれば、いずれ空き家等特別措置法に引っかかってしまう恐れがあるのも事実ですし、放置したまま校庭資産税を無意味に支払うくらいなら少しの金額でも賃貸できるように空き家再生をしていくべきではないでしょうか。
このように全国で今空き家の再生プロジェクトは進んでいます。
近くに空き家がある人は是非、再生プロジェクトの事を思いだして活動してみるお良いでしょう!

これは知らないと損!?空き家の解体に補助金が出るって本当?

空き家を解体!固定資産税は更地になれば高くなる!?

関連記事

  1. 【空き家】固定資産税 が値上がりするってホント?

    空き家対策としてH27年度から特定空き家等対策特別措置法(以後特定空き家)ができました。 その結…

  2. 不動産のうち空き地を売却する時に注意しておきたいポイント

    空き地を所有しているものの、今後使う予定がないので売却を検討することもあるかもしれません。しかし、初…

  3. 空き家や空き家率の今後の推移は?増加を防ぐには何が必要?

    2017年から2030年度までの、新設住宅着工戸数、リフォーム市場規模、さらに2018年から2033…

  4. 空き地を看板による広告で収益物件に変える方法とは?

    通り沿いにあり、人の目に留まりやすい場所でありながら、狭小地や非整形な土地なのでアパートの建設や駐車…

  5. 空き地の草刈りは努力義務?法的な拘束力はどの程度?

    自治体によっては、所有している空き地の雑草などを除去する草刈りの必要性や義務について、条例を設けてい…

  6. 増加する空き家!家を相続したらどうすれば良い?

    2015年5月26日に新たに「空家等対策特別措置法」が施行され、放置したままにしておくと倒壊や保安上…

  7. 実家が空き家になる問題の要因とは?地方の空き家問題が深刻な理由

    相続が生じたとき、財産が土地や建物など実家だけという場合には、複数の相続人でその資産を分配しなければ…

  8. 空き地を借りたいと考えている方は意外と多い?土地の有効活用のため…

    空き家やアパートなどの売り物件を探している方は多くいますが、空き地を探している方はそれほど多くないか…

ピックアップ記事

PAGE TOP