menu

これは知らないと損!?空き家の解体に補助金が出るって本当?

空き家や家を壊す場合って補助金が出るってご存知でしたか?
正直知らない方も多いのではないでしょうか。
この制度は自治体によって変わる為、内容も微妙に変わってきますし、そもそも使えるところと使えないところもありますので注意が必要です。
では、どのような内容があるのでしょうか?
後で知って損をした!という事がないように最初にしっかり取り決めておきましょう。

 

◆空き家の解体前に調べよう

まず1つ言えることは空き家解体の補助金は必ず解体する前に申請しなければ補助金を貰う事は絶対にできないという事です。
また文頭でもお話しましたがその内容も自治体により変化しますのでその自治区のホームページなどで調べてどんな補助金があるのか調べておく必要があります。
「〇〇市 空き家 解体 補助金」 なんて入れると検索できますよ。
また補助金がでるある一定の条件があります。
これも自治体によっての多少の判断基準は変わるものの、どのような内容かご説明しておきましょう。

 

◆補助金が出る内容とは?

では、補助金が出る内容とはどのようなものなのでしょうか?
下記に記載しておきますので確認してみましょう。

①空き家であること
居住利用されていない空き家は補助金の対象となる可能性が高いです。
近年では空き家の対処法にも十分苦戦しており、自治体も空き家に関してのトラブルに関しては手を拱いている部分もあります。
補助金が出る可能性は非常に高いでしょう。

②建物の破損レベルが高い
次は建物の老朽化レベルが高いという事です。
特に今にも崩れそうで近隣の住民に迷惑がかかるなんて状態ですと自治体としては早めに対処したいところですので補助金が出る可能性はあるでしょう。

③昭和56年以前に建築された建物
昭和56年に建物の耐震基準が新しく制定されています。
よってそれ以前に建てた建築物は倒壊の危険性も否めません。
その為早く取り壊して欲しいという自治体の気持ちも大きい事でしょう。

④申請者が税金を滞納していないこと
これは当然かもしれませんが、考え方によって矛盾しているようにも思えます。
確かに税金を支払わなければいけないのは国民の義務ではありますから当然税金を支払うのも当たり前の事と言えるでしょう。
しかし、その税金が払えないのに果たして家を取り壊すお金はあるのでしょうか?そのような方にこそ補助金を出し素早く取り壊した方が良いようにも思えます。
このようにこの他にもいくつかの条件があり、全てがどの自治体でも当てはまるとははっきりと言えない状況ではあります。
もし取り壊す際は今一度お住まいの自治体にどんな補助金制度があるのかチェックしておきましょう!

空き家が増えている!この問題を解決する対策とは?

空き家を再生させよう!プロジェクトはどんなものがある?

関連記事

  1. 空き地にかかる税金は高くなる?特定空家等とは?

    土地や建物など、不動産を所有していれば「固定資産税」と地域によって「都市計画税」を毎年納税しなくては…

  2. 希望する空き地がみつからないときの効率的な探し方は?

    希望するエリアに空き地が見つからないとき、どのような探し方があるのでしょう。家を建てるためにはも…

  3. 空き家を解体することによるデメリットとは?

    日本の住宅は木造建築であることがほとんどですので、誰も利用しない締め切った窓の状態になる空き家は湿気…

  4. 空き地の雑草対策に有効なのかグランドカバーと防草シートのどっち?…

    空き地を所有している方は、管理の悩みとして雑草対策をどうすればよいか考えさせられていることが多いよう…

  5. 空き地と空き家が上にある住宅用地では税金が異なる?

    現在、空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、特に空き家に関しては老朽化してボロボロに…

  6. 持ち主が不明の空き家に対して今後どのような対策が必要?

    「空家等対策特別措置法」により、住民の生活環境に悪影響を及ぼす空き家は「特定空き家」に指定され、行政…

  7. 空き家はなぜ老朽化が早い?そのワケとは?

    急に仕事や入院などの事情で長期に渡り家を空けなくてはいけなくなった場合、人が住まない家は早く劣化して…

  8. 空き家対策特別措置法とは?

    平成27年度に施行された空き家対策特別措置法ですが、どのような内容か理解している人は少ないのではない…

ピックアップ記事

PAGE TOP