menu

たくさんある空き家を有効活用しよう!どんな事例があるの?

全国で空き家は増えてきています。
平成27年にはある一定の要件を満たした空き家に罰則を与える空き家対策特別措置法も制定されたばかりです。
古いから何もできないと嘆いていてもいずれ措置法の要件に該当してしまい罰則を受ける事となるでしょう。
そうなる前に空き家の使い方を知って有効活用しませんか?

 

◆空き家の定義とは

まず空き家の定義とは居住その他の使用がされていない事が常態である建築物であるとされています。
もう少し細かく言うと1年を通して人の出入りがなく、電気・水道・ガスがほとんど使われていない事を示します。(長期出張や海外転勤は除く)
そして、そのような管理不全な物件には調査員が敷地内に立ち入りできるようにもなったのです。
このように調査員が「ここは空き家ですね」と定義してしまった場合、改善の余地が与えられそれでも改善できない場合は措置法に基づき罰則を受ける事となるのです。
ちなみに罰則というのは固定資産税の課税額が6倍になります。
修繕の指定箇所を修復できれば空き家を解除できますよ。

 

◆空き家を有効活用するには?

では、せっかく空き家があるのですから放置するくらいならしっかりと考えて利用していきたいですよね。また空き家に指定されて修繕しようとお考えの人もどうせ修繕するのであればその元を取らなければ意味がありません。
有効活用の1つとしては空き家を賃貸するという方法がまず1つあります。
今、お持ちの物件をリフォームして賃貸として貸し出すのです。
そうすることで不労収入も入ってきますし、空き家には指定されなくなりますからそれこそ一石二鳥です。

 

◆少し大きな戸建なら?

近年、「和」が人気の秘密です。
日本刀女子や刀剣男子、なんて言葉が出るくらいに日本は今までにない以上に「和」を意識しています。
そんな中でも特に人気なのが古民家です。
古民家風カフェや古民家を使ったワークショップなど古い空き家を使ったショップに展開が目立っています。
どうせ改装などして賃貸するのであれば立地条件によっては企業に貸し出す前提でのリフォームを行ない店舗として貸し出すことも視野に入れておいてもいいのではないでしょうか。
このように空き家は考えれば考える程使い道はどんどん増えていきます。
せっかく管理・維持するのですからいろんな方法を模索しましょう。
また最近ではこのような空き家を買い取ってくれる業者さんや今後どう動いていくか相談に乗ってくれる空き家専門の業者さんもいるようです。
もし、迷う事があれば一度相談してみるのも良いでしょう!

もったいない!?空き家対策をして有効活用しよう!

気になる!空家等対策計画とはどういうものなの?

関連記事

  1. 【空き家】固定資産税 が値上がりするってホント?

    空き家対策としてH27年度から特定空き家等対策特別措置法(以後特定空き家)ができました。 その結…

  2. 空き地や空き家を相続したら?使わない不動産が増える背景

    人口はだんだんと減少しているのに、誰にも使われない家や土地は増加する一方です。国も不動産が空き地や空…

  3. 空き地の地番と住所は別!それってどういうこと?

    家を建てようと場所を探していたら、とても良い条件の土地を見つけた!けれど空き地には看板などが立てられ…

  4. 空き地の適切な管理で重要なのは草刈り!頻度とかかる費用は?

    空き地を所有している場合、空き家ほど手間はかからないと考えられてもやはり管理は必要です。しか…

  5. 個人でも空き地の所有者を調べることは可能?

    良い空き地を見つけたので購入したいけれど、売地という看板も出ていないし問い合わせ先も分かららないので…

  6. 空き地と空き家への対策はどのように進んでいる?

    全国で放置される空き家や空き地が問題視され、対策が急がれているところといえます。特に空き家は老朽化に…

  7. 空き家を解体することによるデメリットとは?

    日本の住宅は木造建築であることがほとんどですので、誰も利用しない締め切った窓の状態になる空き家は湿気…

  8. 空き家が急増するのは相続放棄された不動産が増えるから?

    もし亡くなった人の財産を相続することになったけれど、借金も相続しなくてはいけなくなった場合、または疎…

ピックアップ記事

PAGE TOP