menu

もったいない!?空き家対策をして有効活用しよう!

平成27年に空き家対策特別措置法が完全施行されるようになりました。
この法律は全ての空き家に適用されるわけではなく一定の要件をクリアしてしまった物件だけがこの特別措置法を受けなければいけないのです。

 

◆措置法を受けたらどうなる?

基本的にこの措置法を受けてしまうと国の援助の元、建物を取り崩してしまわなければいけません。
では、この措置法を受けなくて済むようにするにはどうすればいいのでしょうか?
それは非常に簡単な事です。
空き家にしない、もしくは空き家でも措置法の要件に当てはまらないようにすればいいのです。
ではどんな方法があるのでしょうか?早速確認していきましょう。

 

◆空き家対策特別措置法に該当する要件とは

①全体の傾き
②屋根・外壁の剥離
③設備・門の老朽化
④ごみの放置・不法投棄
⑤景観計画に不適合
⑥窓ガラスの破損、門扉の破損
⑦植栽の不整備
以上のどれかが該当すると措置法の対象となってしまうのです。
これらを上手くかわしていくにはどうすればいいのか、もうお分かりですね?
まずはこの7つの内容に当てはまらないように空き家を綺麗にしましょう。

 

◆空き家を有効活用しよう

そう!空き家対対策特別措置法の対策をしっかりとした上で土地と物件を有効活用しようではありませんか。
せっかくお金をかけて使っていなかった土地・建物を綺麗にするのですから、どうせならばその物件を賃貸に出すというのも1つの手段ではないでしょうか。
綺麗にして措置法に当てはまらないのであればまだまだこれからも利用することは出来るはずです。
賃貸に出すこともいいですし、売りに出してしまうのもいいでしょう。
リフォームや改装をして家自体は綺麗になっていますので必ず買い手は見つかるでしょう。
このようにして物件を売っては直しての繰り返しをするのもいいですね。

 

◆空き家は増える!?

今後の課題として、空き家はどんどん増えていくでしょう。
その理由も明白で高齢者社会になり一人で住んでいた高齢者がどんどん施設で住み始めて戸建がどんどん空き家となっていくからです。
しかし、逆に考えればそれを無駄にしない手はありません。
逆に空き家を買い取ってリノベーションし物件に付加価値をつけて販売するというのも対策としてはいいでしょう。
とにかく空き家を失くしていく事が重要でしょう。
現在空き家をお持ちの方はいつこのような形になるか分かりません。
今のうちからしっかり空き家について考えをまとめて置くのが最善でしょう。
空き家対策の為にも空き家は有効活用しましょうね!

不動産を相続する上で必要書類って何があるの?

たくさんある空き家を有効活用しよう!どんな事例があるの?

関連記事

  1. 空き家や空き家率の今後の推移は?増加を防ぐには何が必要?

    2017年から2030年度までの、新設住宅着工戸数、リフォーム市場規模、さらに2018年から2033…

  2. 空き地の雑草管理を除草剤で行う場合の注意点

    空き地の管理も何もせず放置していれば、繁殖力が強い雑草だらけになってしまいます。雑草が伸び放…

  3. 「空地」や「空き地」の意味とは?どのような土地のこと?

    「空地」または「空き地(あきち)」とは、宅地や農地などとして利用されることなく、目的を持たないまま放…

  4. 所有している空き地の有効な使い道とは?どのような方法があるのか

    空き地を所有している方などは、何か上手に土地活用できないものか…と使い道を考えてしまうものでしょ…

  5. 持ち主が不明の空き家に対して今後どのような対策が必要?

    「空家等対策特別措置法」により、住民の生活環境に悪影響を及ぼす空き家は「特定空き家」に指定され、行政…

  6. 空き家を譲渡する時に適用される特別控除とは?

    近年増加傾向にある空き家は、平成25年総務省統計局によると全国に820万戸も存在すると言われているほ…

  7. 空き地の固定資産税を節税したいなら農地にすると良い?

    特に使用目的があるわけではないけれど、例えば親が持っていた土地だったけれど相続により受継いで所有して…

  8. 空き地と空き家が上にある住宅用地では税金が異なる?

    現在、空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、特に空き家に関しては老朽化してボロボロに…

ピックアップ記事

PAGE TOP