menu

固定資産税はどのくらいかかる?使わない土地は売るべき?

近年、空き家同等に野放しになっている土地が非常に増えてきています。
しかも、空き地の方が固定資産税はすごく高いです。
こればかりは建物を立てないと改善されないわけですが。とよく言われていました。
ただ、果たして建物が建っている方が本当に安くなるのでしょうか?そこは疑問な部分でもあります。
今回は本当に空き地のほうが固定資産税が高いのか、また空き家の場合、空き地にするべきなのかを一緒に見ていきましょう。

 

 

◆空き地には建物を建てるべき?

文頭でも少しお話していますが、よく言われているのが空き地だと固定資産税高いから建物を建てた方がいいよ!?とよく言われる方がいます。果たして本当にそうなのでしょうか?
空き地は当然家の固定資産税はありませんから土地の固定資産税の特例は使えなくなってしまいます。
しかし、特例がなくなったと言っても6倍になるわけではなく、空き地の固定資産税は土地評価額の7割が上限と言われています。
よって評価額×0.7%が課税標準額です。
・空き地の固定資産税=1000万円×0.7×1.4%=98000円となります。
ちなみに建物付になると下記のようになります。(土地・建物共に評価額は1000万円)
・家の固定資産=1000万円×1.4%=14万円
・土地の固定資産=1000万円×1/6×1.4%=8.4万円
合計=224000円となります。
このように評価額によっても金額は変わるでしょうが、一概に空き地の方が固定資産税は高い!とは言い切れない部分もあります。

 

◆まずはどうするかを検討しよう

現在建物が建っている人に関しては早急に何か対策を練らなければなりません。
その空き家も「特定空き家等」という新しくできた法律に引っかかるような事があれば大変です。
強制的に取り崩さなければいけなくなります。
ただし、解体費用などに関しては、地方自治体によっては解体費用の補助金を出してくれてサポートしてくれているところもありますので調べてみるのもいいでしょう。
あとは空き地にしても空き家にしても使い道がないようであれば、手間暇かけずに売却してしまうという手段もいいでしょう。
近年、どうしても空き地・空き家が増えている環境のせいか、それ専門の業者さんが増えているのも確かです。
空き地や空き家を買い取ることでその業者さんはまた違う方法でその土地や建物を有効活用しようというものです。
もし気になるようでしたら一度、こういった業者さんに見積もりを出してもらうのもいいかもしれませんね。

空き家の問題はかなり重要です。対策を練ろう!

マイホームの固定資産税が払えないとどうなるの?

関連記事

  1. 空き家で農業を楽しむ暮らしをしてみては?

    近年、穏やかに田舎暮らしをしたいという人たちが増え、農業や家庭菜園を楽しみながらの暮らしが求められる…

  2. 空き家の所有者が誰か分からないと後で問題が大きくなる?

    国土交通省は、市町村が空き家所有者の情報を外部に提供するにあたり、法の整備や運用方法、留意点をまとめ…

  3. 所有者不明の空き地や空き家が増え続けている理由は?

    全国で空き地や空き家が急増していることで、誰が持ち主か登記簿などで確認しても、実際の所有者まで辿り着…

  4. 空き家が急増するのは相続放棄された不動産が増えるから?

    もし亡くなった人の財産を相続することになったけれど、借金も相続しなくてはいけなくなった場合、または疎…

  5. 大手不動産や警備会社が参入中!「空き家管理サービス」とは?

    日本には800万戸を超える数の空き家があると言われていますが、遠方で住んでいる場合などなかなか空き家…

  6. たくさんある空き家を有効活用しよう!どんな事例があるの?

    全国で空き家は増えてきています。 平成27年にはある一定の要件を満たした空き家に罰則を与える空き…

  7. 空き地は所有しているだけで固定資産税がかかる!問題を解決するには…

    不動産を所有していれば、仮に使用していなくても固定資産税は毎年支払うことになります。空き地や空き家な…

  8. 空き家の代執行による除却費用は税金負担?

    空き家が危険なまま放置されると、特定空き家に指定され指導、助言、勧告、命令が下され、いずれは代執行と…

ピックアップ記事

PAGE TOP