menu

使わない空き家はリノベーションをして売却しよう!

現在、空き家対策の法律が施行され、一部ではありますが空き家の放置には固定資産税が上がるという措置がされるようになりました。
その結果を受けた空き家オーナー様たちは対応に追われていることでしょう。
しかし、そこは焦る必要はありません。
現在価値のない、空き家だったとしてもリノベーションして価値を復活させればいいのです!
それではリノベーションとはどういうものなのでしょうか?
一緒に確認していきましょう。

 

◆リノベーションとは?

リノベーションとは古い物件を新しくするという意味ですが、それではリフォームはどうなの?とよく言われる方がいます。
厳密に言えば、正式な定義や線引きはありません。
意味合いとして古いものを新しくする点においては一緒です。
ただ、リフォームは老朽化した建物を一新したい時に使われる言葉として使われていますし、
リノベーションは空き家やその他の物件で新しく価値を生み出せそうなところをリノベーションし、今まで以上の価値を付加していくおいう狙いがあります。
リノベーションは中古住宅に「新たなる付加価値」を生み出す手法と思っておきましょう。

 

◆リノベーションをする時はどんな時?

さて、皆さんがリノベーションをする時はどんな時かといいますと、それは空き家や古い家を有効活用したい時にする方が非常に増えてきています。
例えば、相続で家を継いだけど住む事がなかったり、古くて住めなかったりした場合はリノベーションをして賃貸や売りに出すことが出来るようになります。
リノベーションをする前は価値が0だったものがちょっとしたリノベーションをすることで価値が高まり売却したら利益が出るなんて事も十分にあるのです。

 

◆リノベーションの費用は?

リノベーションの費用は正直無限大です。
オーナーさんがどこまでお金をかけられるかにもよります。
100万円単位で上手くリノベーションする人もいれば500万円や1000万円を投資して大掛かりにより大胆にリノベーションされる方もいるでしょう。
その物件にどこまで費用を注ぎ込めるかによります。
また、基本的にリノベーションする方は賃貸に出すか売りに出すかがほとんどでしょうから、闇雲にリノベをするわけではなく、今後の収支の事も判断しながら工事をしなければいけません。
あくまでも利益を得る為にしているという事を前提に考えなければいけませんね。
このように近年では空き家をリノベーションしている人は増えています。
またこのリノベーションに対しての専門業者さんも増えていますので一度相談してみてもいいかもしれませんね。
リノベーションは無価値の物件を価値あるものに変えてくれますよ!

空き家の対策をしておかないと税金があがる?

空き家の問題はかなり重要です。対策を練ろう!

関連記事

  1. 空き家を解体することによるデメリットとは?

    日本の住宅は木造建築であることがほとんどですので、誰も利用しない締め切った窓の状態になる空き家は湿気…

  2. 空き地に生い茂った雑草処理には除草剤が便利?

    空き地を所有している方は、放置していることで繁殖力が強い雑草に覆われてしまい、管理に困ることになりま…

  3. 空き家を再生するための知識と技術を持った古家再生士とは?

    2033年になると日本で空き家は約2,000戸を超えるとも言われているほど、年々増加傾向にある状態で…

  4. 空き地の利活用対策に実施される国のモデル調査とは?

    令和元年6月14日から、国土交通省では空き地対策の一環として、「空き地対策の推進に向けた先進事例構築…

  5. 空き家がもたらす外部不経済とはどのようなことが問題?

    日本で空き家が増え続けることのいったい何が問題なのかをあらわした場合、外部不経済を生じさせることが挙…

  6. 空き家を賃貸住宅に活用するなら補助金が利用できる?

    増え続ける空き家は現在社会問題になっており、国は空き家の活用や売却が促進されるために様々な施策を進め…

  7. 実家が空き家になる問題の要因とは?地方の空き家問題が深刻な理由

    相続が生じたとき、財産が土地や建物など実家だけという場合には、複数の相続人でその資産を分配しなければ…

  8. なぜ地方では空き家が急増している?その背景にあるものとは?

    地方都市と言えば、大都市と違ってのんびりした雰囲気とそれなりの利便性を兼ね備えた生活しやすい場所とい…

ピックアップ記事

PAGE TOP