menu

空き家所有で固定資産税が上昇するリスク

年々増え続ける日本の空き家。現在だれも住んでいない家を所有している方も、多いのではないでしょうか。その現状をかんがみた国も対策をとっており、いまや空き家を所有していると税制上デメリットが出てしまうリスクも。もし空き家をお持ちなら、早めの対策が吉かもしれません。

・増え続ける空き家

相続や居住者の高齢者施設入所などによって、日ごろ使用されない空き家が増えています。平成25年の段階で820万戸に到達した空き家は、いまもなお増加の一途をたどります。
人が住んでいない家は、メンテナンスがおろそかになり、倒壊や周囲の景観を崩すことが懸念されます。そこで、国はそのような空き家を市区町村が「特定空き家」として認定し、撤去や修繕命令を下せる法律を整備しました。

・空き家対策特別法

こうした経緯から施行された「空き家対策特別法」では、つぎの要件に当てはまる空き家を特定空き家とすることができます。

1)倒壊や保安上著しく危険な恐れのある状態の建物
2)衛生上有害となる恐れがある状態の建物
3)景観が損なわれる状態にある建物
4)その他、周辺生活環境の保全に不適切な状態にある建物

特定空き家の認定を受けると、撤去や修繕を進言されるほか、固定資産税の優遇措置がなくなるというデメリットがあります。

・固定資産税の優遇措置

現在の日本の法律では、住宅が建っている土地(住宅用地)の固定資産税が優遇されています。住宅用地で200平米以下なら税額は通常の1/6、200平米超でも1/3になる特例措置です。
「特定空き家」になると、これらの対象から外れることになります。単純計算で土地の固定資産税が3~6倍になるわけです。

・どのような対策をとるべきか

空き家対策特別法は、空き家の有効活用や、空き家の周辺住民の暮らしの安全性・快適性を守ることを目的としています。

いままでは、固定資産税の優遇によって、空き家のままにしておくほうが支出が少なくて済むという現実がありましたが、そのメリットは失われたも同然です。特定空き家の認定を受ける前に、何らかの対策を取るべきでしょう。
なかでも「解体」は有効な選択肢になってきます。解体費用はかかってしまいますが、ほかの用途に転用できれば収入が見込める可能性もあります。また、その空き家を相続で取得した場合においては、空き家解体後の土地を譲渡した場合の譲渡所得特別控除(平成28年税制改正大綱)も施行されています。
今後ますます空き家が増えることを考えると、さらに厳しい法令が誕生する可能性もゼロではありません。使用予定のない空き家については、対策をご検討されることをオススメします。

空き家問題を解決する法律「空家等対策の推進に関する特別法」

財産分与で不動産を取得!税金はかかる?

関連記事

  1. 空き家の固定資産税は高くなるって本当なの?

    不動産を所有しているとかかる固定資産税は土地だけよりも建物も一緒にあった方が特例の措置により税額は軽…

  2. 空き家を再生するための知識と技術を持った古家再生士とは?

    2033年になると日本で空き家は約2,000戸を超えるとも言われているほど、年々増加傾向にある状態で…

  3. 空き地の雑草対策に有効なのかグランドカバーと防草シートのどっち?…

    空き地を所有している方は、管理の悩みとして雑草対策をどうすればよいか考えさせられていることが多いよう…

  4. 相続人全員が相続放棄したら相続財産である空き家はどうなる?

    亡くなった親が住んでいた実家を相続することになったものの、十分に管理できる状況でもなく、さらに誰かが…

  5. 空き家 の固定資産税って高くなるって本当なの?

    不動産を所有していると必ず毎年1月1日に所有者の元へと納税通知書が届くことはご存知でしょう。 た…

  6. 大手不動産や警備会社が参入中!「空き家管理サービス」とは?

    日本には800万戸を超える数の空き家があると言われていますが、遠方で住んでいる場合などなかなか空き家…

  7. 空き地の所有者が今後は探しやすくなる?政府の策とは?

    全国に空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、政府はこの空き地や空き家を整備するために…

  8. 持ち主が不明の空き家に対して今後どのような対策が必要?

    「空家等対策特別措置法」により、住民の生活環境に悪影響を及ぼす空き家は「特定空き家」に指定され、行政…

ピックアップ記事

PAGE TOP