menu

空き家をビジネスで活用する方法

一般のサラリーマンでも不動産投資を行う時代へと流れは変化を続けています。
そんな中でも今、注目され始めているのは空き家ビジネスです。
この空き家を買い取るもしくは賃貸することで上手く有効活用していこうという考えです。
ではどのような考え方があるのでしょうか?

 

◆購入しない方法

まずは資金のかからない空き家ビジネスのご紹介です。
まずは空き家を探しましょう。
そうして見つけた空き家のオーナーさんと話をします。
空き家を貸してくださいと。そうするとオーナーさんは話を聞いてくれる体勢に入りますのでそこからが本題となります。
費用は一切かからない事を伝えた上で、要は「自分がお客さんをみつけてくるからお家賃の半分を収入としてください!」と伝えるのである。
しかし、これが意外とオーナーさんから承諾を得られる可能性が高いです。
空き家は現在非常に税金が高くなってきています。
収入が入らないくらいなら、半分でも収入が入ってきたほうがいいでしょう。
しかし、これには気を付けておかなければいけない事があります。
それはオーナーさんと契約する際にトラブルの元にならないようにしっかりと「転貸許可」の条約を盛り込んだ契約をすることです。契約だけはしっかりとしておきましょう。

 

◆買い取る方法

二つめは買い取る方法です、
空き家を買い取り、自分のものにしてから賃貸にして貸出空間として利用するのです。
近年では古民家風の空き家を利用し、雑貨屋さんをしていたい、ちょっとしたマッサージ店をしていたりと、様々な取り組みが行われています。
特に古民家風な家を買い取りほんの少し手を加え小奇麗にすることで場所の提供としては最高に良い環境にあることは間違いありません。
古民家風の和風なので、お茶会や生花などにも利用できますし、1時間当たりの使用料を少なくすれば学生さんたちに勉強する場として提供することもできるでしょう。
このように空き家ビジネスは非常に有効的な考え方と言えるでしょう。

 

◆空き家投資家はまだまだ少ない

この空き家ビジネスはまだまだ人が初めている人が少ないように思えます。
ですから、乗り出すには今がチャンスなのです。
同業者が少ない間に目ぼしい物件を見つけてあとはオーナーさんとひたすら相談するだけです。
どんどん探して契約してしまいましょう。
どの物件も例えば一律で3万円のお家賃を頂くことを考えれば、30件契約できれば90万円の家賃収入となります。しかも、その全てが転貸であればこちらの出費は最初の家の掃除や簡単なDIYで治す程度の金額です。初期費用は10万円前後でしょう。むしろ程度の良い空き家であれば掃除のみでもいいでしょう。
このように空き家ビジネスはブームを迎えようとしています。この流れに乗るのであれば今がチャンスですよ!

不動産の譲渡所得とは?所得や税額の計算方法について

空き家対策特別措置法とは?

関連記事

  1. 空き家を解体することによるデメリットとは?

    日本の住宅は木造建築であることがほとんどですので、誰も利用しない締め切った窓の状態になる空き家は湿気…

  2. 空き家対策特別措置法とは?

    平成27年度に施行された空き家対策特別措置法ですが、どのような内容か理解している人は少ないのではない…

  3. 空き地と空き家が上にある住宅用地では税金が異なる?

    現在、空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、特に空き家に関しては老朽化してボロボロに…

  4. 空き地と空地は同じ意味?現在日本が抱えている空き地の問題とは

    宅地や農地など、何の用途に利用する目的もなくそのままの状態で放置された土地を「空き地」または「空地」…

  5. 空き地は空き家よりも対策が進まない?後回しにされる理由とは?

    日本全国で空き地や空き家が急増している状況なのは、テレビや雑誌などメディアで目にする機会が多くなった…

  6. 持ち主が不明の空き家に対して今後どのような対策が必要?

    「空家等対策特別措置法」により、住民の生活環境に悪影響を及ぼす空き家は「特定空き家」に指定され、行政…

  7. 相続人全員が相続放棄したら相続財産である空き家はどうなる?

    亡くなった親が住んでいた実家を相続することになったものの、十分に管理できる状況でもなく、さらに誰かが…

  8. これは知らないと損!?空き家の解体に補助金が出るって本当?

    空き家や家を壊す場合って補助金が出るってご存知でしたか? 正直知らない方も多いのではないでしょう…

ピックアップ記事

PAGE TOP