menu

増え続ける空き家の問題点とは?早急な決断が必要な理由

現在空き家が増えていることが問題視されていますが、今後も増え続けると予想されています。
まず日本は高齢化社会が進んでいますが、人口の多い団塊世代の相続が進むことで急速に増加するでしょう。そして空き家を所有する人が空き家の管理方法、そして活用について問題を抱えています。

 

空き家の種類

空き家のタイプにも種類がありますが、不動産会社が管理していて既に販売が開始されている売却用のもの、入居者を募っている状態の賃貸用などがあります。
それとは別に別荘地などとして二次利用されている所有者自身が管理している空き家、そしてこのいずれにも該当しない空き家も存在しています。
問題となるのは最後のどれにも該当しない空き家で、他の空き家のように管理する動機が弱く今後急速に増加すると考えられるでしょう。

 

高齢者が増えると空き家も増える理由

自宅を所有する高齢者が、生活や身体的な状況に不安を抱え老人ホームなどの高齢者住宅に転居したり、子供と同居するため転居したりということもあります。
今後高齢者は急激に増えることが予想されますので、それに伴って空き家数も増えるでしょう。
特に駅から遠い位置などの家は、利便性の良くないという点からも一気に増加する可能性があります。

 

空き家は地域の活力も低下させる

空き家が増加することは、周辺地域の人にとって不安材料になります。事故や事件などに巻き込まれる可能性もありますし、老朽化によって景観を損なう可能性もあります。
さらにその地域に住む人が減るということは、地域の活力も低下させてしまうでしょう。インフラ維持も困難となり、生活に欠かせない施設なども撤退していくと考えられます。

 

所有者が抱える問題とは?

現在の空き家のほとんどは高齢者が住んでいた自宅などをその子供が相続した実家です。空き家となった実家には、家族との想い出が詰まっていることもあり、撤去や利活用に抵抗を感じるといった人も多いでしょう。
いずれは実家で生活したいと希望している人もいるためそのまま放置しているというケースや、親が認知症になっているため利活用して良いかの判断が付かないというケースもあります。

 

空き家を放置しないことが重要

自宅や実家が空き家になる理由は色々です。しかしそのまま放置されていると、今後空き家はさらに増え続けます。
利活用を決めたとしても可能な状況になるまで数年や10年以上かかるケースもありますし、費用も問題となるケースもあるため、決断が遅くなればなるほど誰も利用しない住宅は一気に老朽化し傷み続けます。
屋根や外壁などの建材は剥がれ落ち、建物は傾き倒壊する危険性なども高まりますので、問題はさらに大きくなるでしょう。
もし空き家を今後どのように扱っていけば良いかわからない場合には、早い段階で専門家に相談するなどが必要になります。

住宅ローンを組んだことによるストレスを軽減するには?

相続税の申告など相続手続きの期限とは?

関連記事

  1. 空き家を譲渡する時に適用される特別控除とは?

    近年増加傾向にある空き家は、平成25年総務省統計局によると全国に820万戸も存在すると言われているほ…

  2. 埼玉県の空き家実態調査を読む

    さまざまな事情により、所有している空き家の管理が適切に行えていない持ち主の方が増えています。その場合…

  3. 空き家を譲渡で特別控除!? 税制改正のポイント

    総務省の「住宅・土地統計調査」によると平成25年10月の時点で、全国の空家率は13.5%(820万戸…

  4. 空き地を利活用する方法の1つ「看板広告」とは?

    日本では空き家が増え続けていますが、その原因として核家族化が当たり前になっていることが挙げられます。…

  5. 所有者不明の空き地や空き家が増え続けている理由は?

    全国で空き地や空き家が急増していることで、誰が持ち主か登記簿などで確認しても、実際の所有者まで辿り着…

  6. なぜ地方では空き家が急増している?その背景にあるものとは?

    地方都市と言えば、大都市と違ってのんびりした雰囲気とそれなりの利便性を兼ね備えた生活しやすい場所とい…

  7. 放置され続ける空き家が増加する背景には愛着心が関係する?

    全国各地に空き家が増え続けることが問題視されていますが、その背景には何が隠されているのでしょう。…

  8. 空き地の所有者が今後は探しやすくなる?政府の策とは?

    全国に空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、政府はこの空き地や空き家を整備するために…

ピックアップ記事

PAGE TOP