menu

空き家を再生するための知識と技術を持った古家再生士とは?

2033年になると日本で空き家は約2,000戸を超えるとも言われているほど、年々増加傾向にある状態です。
住宅が除却や減築されず、空き家のまま放置されれば周辺環境は景観を損ない、ゴミが不法投棄され、害虫や臭いの原因となる可能性もあり、さらには放火など犯罪の温床になるといったことも懸念されます。
そして万一地震が発生した場合には、老朽化してもろくなった空き家が倒壊してしまうなど大変危険な状態が予測されます。

 

国や地方では取り組みが始まっているけれど…

このような空き家問題の深刻化に対し、国や地方では様々な取り組みが実施されています。しかししばらく空き家として放置されている物件は、築年数も経過し荒れた状態となっていることで、いざ賃貸物件として貸すことを検討してもそのまま借り手が見つからないという問題もあります。
リノベーションするにはそれなりの費用も発生し、管理なども面倒だということから簡単に解決できる問題ではなさそうです。

 

どのように空き家を活用すればわからない

空き家問題を解決させるために専門家が不足していることが空き家の放置を増やしている要因とも考えられます。
広大な土地や駅前の土地などは売却や活用をしても買い手などが見つかりやすいことで、大手不動産などが提案をするでしょう。しかし小さな物件や築40年を経過している戸建てや長屋などは後回しにされてしまう傾向があります。

 

専門家に相談したいけれど…

空き家を活用したい人は増えている状況ではあるものの、空き家を活用するために良いアドバイスができる専門家は反対に不足しています。
空き家などの古家を活用させるための再生に必要なアドバイスができる専門家は、リフォームを行う専門家ではありません。
「古家再生士」は空き家の相続を受けた人などに良い古家の活用方法を提案できる専門家です。

 

古家再生士とは?

空き家の収益化を目的に投資家が増えれば、全国の空き家を減少させることに繋がるでしょう。
所有者だけでなく、空き家周辺の地域の人、入居先を探す人、工事業者など色々な人にもメリットがあります。
「古家再生士」は賃貸住宅にする不動産の知識、そして古家を安く価値のあるものに造り上げる技術を持ち合わせた専門家として認められる資格です。
古家再生士によって空き家の所有者や投資家は、空き家を安心して活用することができるようになるでしょう。

 

今後は古家再生士の活躍に期待が持たれる?

空き家が増加していると同時に、全国で空き家を再生する事例も増えつつあります。投資家の数も増えているものの、古家や空き家を再生するためには再生のための知識と技術が必要です。
古家再生士から空き家所有者や工事業者にそれらのノウハウが提供されることにより、収益と地域貢献を確立することができるでしょう。

財産分与で注意したい税金と確定申告の手続きについて

相続した空き家が活用できる特別控除とは?

関連記事

  1. 空き家の代執行による除却費用は税金負担?

    空き家が危険なまま放置されると、特定空き家に指定され指導、助言、勧告、命令が下され、いずれは代執行と…

  2. 空き家や特定空き家と判断されてしまう基準とは?

    近年では増加が問題視されている空き家ですが、そもそも「空き家」と判断される住宅とはどのような家なので…

  3. 空き地の雑草対策に有効なのかグランドカバーと防草シートのどっち?…

    空き地を所有している方は、管理の悩みとして雑草対策をどうすればよいか考えさせられていることが多いよう…

  4. 空き地に伸び放題となった雑草 近隣住民の悩み

    住宅地にある放置された空き地に雑草が生い茂り、環境悪化や犯罪の温床になっているというケースはけっして…

  5. 隣の空き地には何が建築されるか調べることは可能?

    例えば自宅マンションの隣の建物が解体されて更地となり、その後どのように利用されるかなどがわからないこ…

  6. 増加する空き地と空き家問題!なぜここまで増える?

    空き家や空き地は全国で増加傾向にあり、今後人口が減少することや過疎化が進むことでさらに増えると考えら…

  7. 空き地と空き家が上にある住宅用地では税金が異なる?

    現在、空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、特に空き家に関しては老朽化してボロボロに…

  8. 空き家や空き家率の今後の推移は?増加を防ぐには何が必要?

    2017年から2030年度までの、新設住宅着工戸数、リフォーム市場規模、さらに2018年から2033…

ピックアップ記事

PAGE TOP