menu

空き家の代執行による除却費用は税金負担?

空き家が危険なまま放置されると、特定空き家に指定され指導、助言、勧告、命令が下され、いずれは代執行という流れになります。
この空家対策特措法は2015年5月に全面施行されましたが、これまで所有者が不明の空き家でも略式代執行が可能となったことは、周囲に住む人たちにとっては安心できる環境を確保する上で大切なことでしょう。
さらに特定空き家に指定され勧告の対象になれば、固定資産税の住宅用地特例も解除されます。税制改正も特定空き家を所有する人に対するプレッシャーとして、何らかのアクションを起こすことに影響を与えることになると考えられます。

 

放置された空き家はどうなる?

特定空き家にならないためには、維持管理を実施するのか、売却や賃貸化といった選択をすることになります。
しかし税を負担する費用や除却費もないという場合には、どうすることもできずに放置されてしまう物件も出てきます。
そうなれば代執行に至ることになりますが、代執行にかかった費用を請求したとしても払われずに費用を回収するために敷地を売却するしかなくなります。
仮に土地が売れたとしても抵当権が付いていれば回収費用に充てることができるかもわかりません。

 

問題なのは所有者不明や放棄された物件

所有者不明の物件の場合、代執行の費用は公費で負担することになります。相続放棄されたケースなら管理者が出てくるまでは相続人に管理責任が残りますが、自治体が相続財産管理人を選任して処分するケースなどでなければ次の管理者は出てきません。
相続放棄された物件が特定空き家に認定されると、相続人に指導、助言、勧告までは可能ですがその先に至りません。結局略式代執行になったとすると、やはり公費で負担することになります。

 

何らかの措置が必要

空き家を除却する費用は、本当なら所有者が負担する必要のある費用です。しかし代執行したけれどその費用を回収する見込みがなければ、今後は公費の負担がますます増えていくと考えられます。
所有者が負担する費用を納税者が負担することは不公平になりますので、所有者の負担にするためには例えば毎年支払う固定資産税に除却費用分を上乗せして徴収するといった仕組みなどが必要です。
自分で除却するなら徴収した除却費を還付するといった仕組みにすることで、自動車を購入する際にリサイクル費用が徴収されるといった形に似た仕組みを実現することができるでしょう。
この先空き家がますます増えて危険な物件が放置される前に、何らかの策が必要になることは間違いないと考えられます。

土地だけ購入する場合でも住宅ローンを組むことは可能?

相続する土地や建物に抵当権が設定されている場合には?

関連記事

  1. 【空き家】固定資産税 が値上がりするってホント?

    空き家対策としてH27年度から特定空き家等対策特別措置法(以後特定空き家)ができました。 その結…

  2. 空き家問題を解決する法律「空家等対策の推進に関する特別法」

    平成26年11月、増加の一途をたどる空き家への対策として、「空家等対策の推進に関する特別法」が制定さ…

  3. なぜ地方では空き家が急増している?その背景にあるものとは?

    地方都市と言えば、大都市と違ってのんびりした雰囲気とそれなりの利便性を兼ね備えた生活しやすい場所とい…

  4. 空き家を相続した時に名義変更は必ず行う必要がある?

    相続が発生すると、被相続人が名義となっている不動産を相続人に変更する手続きを行います。これが「相続登…

  5. 空き家を撤去する時にかかる費用はどのくらい?

    家を取り壊した場合には土地の固定資産税は軽減措置を受けることが出来なくなるので、税金が大幅に高くなる…

  6. 今後なぜ空き家率が上昇する可能性が高い?

    野村総合研究所(NRI)が発表した2018年、2023年、2028年、2033年における日本の総住宅…

  7. 空き地は空き家よりも対策が進まない?後回しにされる理由とは?

    日本全国で空き地や空き家が急増している状況なのは、テレビや雑誌などメディアで目にする機会が多くなった…

  8. 空き地の草刈りは努力義務?法的な拘束力はどの程度?

    自治体によっては、所有している空き地の雑草などを除去する草刈りの必要性や義務について、条例を設けてい…

ピックアップ記事

PAGE TOP