menu

空き家を放置すると様々なリスクを負うことに!

超高齢化が進む日本では、誰も住まなくなった「空き家」が大きな問題になっています。日本各地で放置された空き家は急増している状態で、行政も対策を講じて動いている状況です。
2015年5月26日に「空き家対策の推進に関する特別措置法
が施工され、危険な状態で放置されたままの空き家は強制措置が講じられることになりました。
今後、空き家を放置したままにすると様々なリスクを抱えることになりますので早めに対応していくことが必要になります。

 

税金が高くなるリスク

空き家は固定資産ですので、誰も住んでいないとしても固定資産税や都市計画税などは課税される状態です。ただ所有しているだけで税金を余計に支払う必要があります。
相続するなら相続税の課税対象になるなど、まさに負の遺産とも言えるでしょう。
さらに「特定空き家」に認定された場合、固定資産税・都市計画税の住宅用地の特例を受けられなくなるので固定資産税は約5.1倍高くなってしまいます。

・特定空き家とは?
放置したままにすると、倒壊する恐れがあるなど危険な状態である場合や、衛生上有害である場合、また景観を損なっているなど、周辺住民の生活環境を考慮した場合に放置することが適切ではないと言える状態である場合に認定されます。

 

維持費が多くかかるリスク

誰も住んでいない家は劣化も早く、床や天井を虫が食いつぶして穴だらけになってしまうこともあります。
屋根瓦やタイルなどが剥がれ落ちれば通行人にケガを負わせる可能性もありますし、雑草が庭を生い茂っていれば除草作業も必要です。
自分が管理できなければ、定期的な管理を業者に委託することになるでしょう。しかしそれなりの費用が発生することも理解しておく必要があります。

 

解体費用を負担するリスク

空き家対策特別措置法が施行されたことで、行政代執行による強制解体も実行されます。
放置したままでは危険な状態の空き家があれば、行政から所有者に解体もしくは管理などの対応を助言・指導します。しかし従わなければ勧告後に固定資産税等の特例の適用をなくし、それでも放置すれば解体されるといった形です。
この解体命令に違反した場合には最大50万円の罰金という負担をさらに大きくしてしまいます。仮に行政代執行で強制解体となった場合には、解体にかかった費用も請求されてしまいます。

 

空き家を放置すると様々なリスクを負うことに

誰も住んでいない空き家をそのまま放置して所有し続けていれば、固定資産税等などの負担が大きくなるだけでなく、様々な費用が発生してしまいます。
そのような状況を回避するために、もし空き家を所有している場合には何らかの対応を考えていくことが必要です。

空き家を相続すると損?増税で負の遺産に?

相続税は増税、贈与税は減税?有効な相続税対策とは?

関連記事

  1. 空き家を有効に使うにはどのような使い道が良い?

    実家を相続したけれど誰も住むことがなく、かといって取り壊すのにはもったいない、何か有効な活用方法があ…

  2. 空き家の解体や撤去は必要?

    平成27年5月から、空き家対策特別措置法、略して空き家特措法と呼ばれる特別措置法が完全に施行されてい…

  3. 増え続ける空き家の割合は首都圏を侵食する?

    首都圏1都6県のうち、空き家率10%未満の自治体数は2003年から2013年までの10年間で半減して…

  4. 空き地をコンクリート敷きの駐車場にする相続税対策できる?

    使い道も目的もない土地をそのまま寝かしている場合や、いずれ物納に使おうとそのまま放置している場合、ア…

  5. 空き家をビジネスに活用して収益物件に変えてみては?

    日本は少子高齢化が進んでいますが、それと同時に誰も住まなくなった空き家も増加しており、社会問題となっ…

  6. 空き地の雑草管理を除草剤で行う場合の注意点

    空き地の管理も何もせず放置していれば、繁殖力が強い雑草だらけになってしまいます。雑草が伸び放…

  7. 空き家が増える理由とそれに対して考えていくべきこととは?

    空き家が急増していると耳にすると、壁は朽ち果て剥がれ落ち、ツタが絡んだ廃墟のような建物を想像するかも…

  8. 空き家で農業を楽しむ暮らしをしてみては?

    近年、穏やかに田舎暮らしをしたいという人たちが増え、農業や家庭菜園を楽しみながらの暮らしが求められる…

ピックアップ記事

PAGE TOP