menu

使われていない空き地を購入したい時は個人的に交渉しても大丈夫?

例えば隣地が現在空き地となっている場合や、住宅街の中に気に入った土地を見つけた場合など、購入したいけれど売却物件として看板が設置されているわけではない場合、どうすれば購入できるのでしょう。

そもそも空き地の所有者が誰かわからず、連絡したくてもできない場合もありますし、相手が誰か判明したとしても直接交渉してよいものか気になることもあるようです。

そこで、もし所有者が不明な空き地を購入したい場合、どのような流れをたどればよいのかご説明します。

空き地の所有者を調べるには

空き地のまま放置され、草木が生い茂った状態で明らかに使われる予定でなさそうな土地の場合、もし使わない土地なのであれば売ってほしいと考えてしまうこともあるでしょう。

空き地の所有者が誰かわからない場合には、土地を管轄する法務局で不動産登記簿(登記事項証明書)を取得すると確認できます。

法務局で住宅地図と公図から空き地の地番を特定し、不動産登記簿を閲覧して誰が所有者を確認しましょう。数百円手数料はかかりますが、誰でも閲覧可能です。

他にも不動産会社や住宅会社などに事情を説明し、誰が所有者か調べてもらえないか相談してみる方法もあります。

所有者に直接コンタクトを取ってもよい?

空き地の所有者が誰か判明した後は、空き地を売却してもらえないか手紙を送ってみましょう。

ただ、登記簿上に記載されている住所が所有者の現在の住所とは限りません。引っ越しなどで住所は変更されているのに、変更手続きを行っておらず旧住所のままというケースもめずらしくありません。

この場合、空き地所有者の方と接触することは難しくなるので不動産会社などに売地として情報が出ていないか確認してみるとよいでしょう。

交渉はどのように行うべきか

もし空き地の所有者と直接売買の交渉を行うこととなった場合には、空き地の地価は現在の相場で取引することが望ましいといえます。

ただ、購入時の土地の金額が高かった場合、売主から安い値段では売りたくないといわれてしまうことも考えられます。

この場合、売主側の希望金額を確認し、その金額でも購入したいのかよく検討しましょう。

もし空き地が宅地として機能しない程の損傷がある場合、金額に反映させてよいのか悩むこともあるでしょう。このような場合も、売主が反映させてよいのか納得するかがポイントとなります。

個人的に交渉するよりも、不動産会社など第三者に仲介してもらったほうが、適切な価格提示や売主に納得できる説明が可能となるため、交渉がスムーズに進む可能性は高まります。

相続する相手が孫の場合には税金の負担が増える?

相続で不動産を引き継いだ時には不動産取得税を納めなければならない?

関連記事

  1. 空き地の雑草対策に有効なのかグランドカバーと防草シートのどっち?…

    空き地を所有している方は、管理の悩みとして雑草対策をどうすればよいか考えさせられていることが多いよう…

  2. 空き地や空き家を相続したら?使わない不動産が増える背景

    人口はだんだんと減少しているのに、誰にも使われない家や土地は増加する一方です。国も不動産が空き地や空…

  3. 空き地問題を解決するために条例などの規制は欠かせない?

    増え続ける空き地や空き家の問題に対して、各自治体でも取り組みを始めています。自治体が実施して…

  4. 大手不動産や警備会社が参入中!「空き家管理サービス」とは?

    日本には800万戸を超える数の空き家があると言われていますが、遠方で住んでいる場合などなかなか空き家…

  5. 空き家が増えている!この問題を解決する対策とは?

    現在の日本では空き家が思った以上に深刻化しており、H27年に空き家対策特別措置法が施行されました。そ…

  6. 増え続ける空き家の割合は首都圏を侵食する?

    首都圏1都6県のうち、空き家率10%未満の自治体数は2003年から2013年までの10年間で半減して…

  7. たくさんある空き家を有効活用しよう!どんな事例があるの?

    全国で空き家は増えてきています。 平成27年にはある一定の要件を満たした空き家に罰則を与える空き…

  8. 空き家を放置すると様々なリスクを負うことに!

    超高齢化が進む日本では、誰も住まなくなった「空き家」が大きな問題になっています。日本各地で放置された…

ピックアップ記事

PAGE TOP