menu

所有している空き地の有効な使い道とは?どのような方法があるのか

空き地を所有している方などは、何か上手に土地活用できないものか…と使い道を考えてしまうものでしょう。

ただ、空き地の使い道は都会と地方では難易度が異なるため、ニーズに合わせた利用方法を考えることが大切です。

そこで、実際にどのような土地の活用方法があるのか、その使い道についてご説明します。

空き地に建物を建てて貸す

都会であれば人も多くいるので、空いた土地をうまく使いたいと考える方もその分増えます。しかし地方など土地が余っている場所では、いざ土地を借りようとする場合でも対象となる土地が複数あり、選ばれなければ借りてもらえません。

そのような状況でも、土地の活用方法として収益性を見込むなら、賃貸用のアパートやマンション、コンビニや介護施設など、建物を建てて人に貸すという方法が考えられます。

土地ではなく建物を貸すことになるので、家賃としての収入を得ることが可能となり、利用する方が見つかれば安定した収益を得ることにつながるでしょう。

都会なら賃貸需要が高いのですぐに借り手も見つかりやすいでしょうが、田舎では賃貸ニーズが低いケースもめずらしくありません。

そこで、自然が多い環境を生かして介護施設などを建てる方法など、ニーズに対応できる建物を建てることが大きなポイントとなります。

土地を借地として貸す

建物を建てたいけれど土地がなく、借りたいという方に借地として空き地を貸す方法です。

建物ではなく土地そのものを貸すことになるので、地代として収入を得ることとなります。

地代は家賃より収入が低いので、都会で土地活用を検討する場合には向きません。ただ、田舎であれば建物に投資するリスクを省くことができる活用方法として魅力があります。

使用貸借により土地を貸す

建物を所有する以外の目的で土地を借りたいという方に空き地を貸す方法です。資材置き場や野立て看板用地、駐車場などを目的としており、建物は必要ないけれど土地を借りたいという方もいます。

建物所有を目的としていない土地の賃貸を使用貸借といいますが、使用貸借の場合は家賃や借地の地代より賃料が低いので収益性は高く見込めない点がデメリットといえます。

空き地としてただ所有し続けるとコストがかかる

自分で商売を始めようという場合には、空き地を有効に活用しましょう。ただ、特に商売を始める予定もないのなら、所有しているだけで固定資産税や管理費用など様々なコストだけが発生してしまいます。

うまく使い道を見つけて家賃や賃料を得る方法にシフトすることもできますし、方法が見つからない場合には思い切って売却することも必要となるでしょう。

夏になると空き地は一気に雑草だらけに!夏になる前に対策を行う重要性について

不動産を売却する時には設定された抵当権は必ず抹消しておくことが必要!

関連記事

  1. 空き家や空き家率の今後の推移は?増加を防ぐには何が必要?

    2017年から2030年度までの、新設住宅着工戸数、リフォーム市場規模、さらに2018年から2033…

  2. 空き地に生い茂った草を放置していると苦情を受けて指導の対象に!

    所有している空き地の草が生い茂った状態となっていたことで、近隣の住人から役所に苦情が入り、草を刈るよ…

  3. 空き家を譲渡する時に適用される特別控除とは?

    近年増加傾向にある空き家は、平成25年総務省統計局によると全国に820万戸も存在すると言われているほ…

  4. 空き地や空き家が抱える問題で認識しておくべきこととは?

    増え続けている空き地や空き家の問題には色々な原因が考えられます。どのようなことが要因となって、使わな…

  5. 空き家を放置すると様々なリスクを負うことに!

    超高齢化が進む日本では、誰も住まなくなった「空き家」が大きな問題になっています。日本各地で放置された…

  6. 空き家や空き地の管理はどのように行えばよい?頻度とその方法とは

    空き地や空き家の管理は手間や時間がかかり、お金もかかります。そのため管理を行わず放置してしまえば、近…

  7. 空き地の固定資産税を節税したいなら農地にすると良い?

    特に使用目的があるわけではないけれど、例えば親が持っていた土地だったけれど相続により受継いで所有して…

  8. 空き家の対策をしておかないと税金があがる?

    ここ数十年で空き家はどんどん増えてきています。 増えているのにはもちろん、理由がありました。…

ピックアップ記事

PAGE TOP