menu

夏になると空き地は一気に雑草だらけに!夏になる前に対策を行う重要性について

空き地や遊休地と呼ばれている土地を所有しており、使われていない状態のまま放置していないでしょうか。

誰も使わない土地だからこそ、雑草が生い茂る条件として格好の場所になってしまっているはずです。

もともとは親の実家があったけれどすでにマイホームを購入していたことで取り壊し更地にしたものの、何にどのように活用すればわからないというケースもあるでしょう。

実際、空き地管理を適切に行う上でも頭を悩ませる問題が何度も生えてくる雑草です。雑草除去については、夏になる前に早めの対策を行っておかなければ後々苦労することになると考えておきましょう。

除草シートでは不十分?

広い土地であれば、雑草が増えるたびに草刈りを行うのも大変なので、防草シートなどを敷き詰めて対策を行っている空き地所有者の方もいることでしょう。
しかし周辺エリアの景観を損ねる上に、雨風にさらされればシートも劣化するため破れやすくなってしまいます。破損した場所からまた雑草が生え出すこともあるので、何かもっとよい対策はないものかと考えてしまうもののようです。

除草剤も使えないなら…

除草剤などを庭一面にまくという方法もありますが、残したい植木などがある場合には実行できない方法です。

そのため面倒ではありますが、除草シートや小石などを空き地に敷き詰め雑草が生えない対策をしたとしても、定期的に確認と管理は欠かすことができないと考えられます。

自治体によっては、空き地の雑草除去に関する条例を設けていることもるので、所有者が適切な管理を行わない場合には指導を受ける対象となってしまう可能性もあります。

空き地が雑草だらけであることで近隣には多大は迷惑に

雑草が空き地に生い茂ることは、周辺の景観を損なうだけでなく害虫などの発生で農作物を傷めたり臭いを発生させたりという原因になる場合もあります。

また、ゴミなどが不法投棄されたりそこから火災が発生したりなど、適切な管理を行っていないことで近隣の環境を悪化させてしまうのです。

雑草対策は夏になる前から行うことが大切

冬は夏にあれほど生い茂っていたと感じる雑草も、その大部分が枯れていくため生い茂ったままということは少ないでしょう。根部分も弱くなるので、草抜きもしやすいことが特徴ですし、仮に雑草が生えていても虫もほとんど出てきません。

しかし夏になると一気に草木が成長するため、あっという間に空き地は雑草だらけになってしまいます。夏場は雑草の成長速度がはやいため、夏になってから雑草対策を講じるのでは遅いと認識しておくべきです。

雑草を定期的に除去することと同時に、適切な管理が行われている土地であることを周囲に示すことが大切といえます。

遺産分割協議はいつまでに行えばよい?相続手続きにおける期限を解説

所有している空き地の有効な使い道とは?どのような方法があるのか

関連記事

  1. 空き地の利活用対策に実施される国のモデル調査とは?

    令和元年6月14日から、国土交通省では空き地対策の一環として、「空き地対策の推進に向けた先進事例構築…

  2. 空き家に認定されると税金が6倍に!?空き家対策特別措置法

    土地や建物といった不動産の所有者には、固定資産税が課税されます。そして、土地の場合の固定資産税は、建…

  3. 空き地の草刈りは努力義務?法的な拘束力はどの程度?

    自治体によっては、所有している空き地の雑草などを除去する草刈りの必要性や義務について、条例を設けてい…

  4. 空き地や空き家を相続したら?使わない不動産が増える背景

    人口はだんだんと減少しているのに、誰にも使われない家や土地は増加する一方です。国も不動産が空き地や空…

  5. 空き家を所有しているなら運用してプラスの資産を次世代に!

    空き家を放置し続けた場合、倒壊の危険性が認められた場合や衛生上や治安、景観上、有害だと判断されれば、…

  6. 空き家の問題はかなり重要です。対策を練ろう!

    少し前までは空き家なんて田舎の話でしょう?みんな都会にいって人口が減ったからでしょう?なんて事も言わ…

  7. 空き地を利活用する方法の1つ「看板広告」とは?

    日本では空き家が増え続けていますが、その原因として核家族化が当たり前になっていることが挙げられます。…

  8. 空き家が我が子に及ぼす影響とは?相続が発生する前に

    自分が今住んでいる持ち家は、子にとっては親が住む自宅であり実家でもあります。いずれ自分が他界して相続…

ピックアップ記事

PAGE TOP