menu

空き地に無断で駐車している車にはどのような対応が適切?

もし自分が所有している空き地に無断で車が駐車されていたら、停めていた相手に賠償請求できるのでしょうか。

空き地でなく、コンビニやスーパー、レンタルDVDショップなど、24時間営業の店舗の駐車場には、毎日のように同じ車が停めているという場合もあります。

店舗などでは顧客が常に出入りしている状態なので不法駐車なのか判断がつきにくい状況ですし、空き地は常に所有者の目に触れるわけでないため無断で車を停められてしまいやすくなります。

無断駐車は不法行為!

無断駐車ほど迷惑なことはありませんが、例えば空き地に対する無断駐車であれば、他人の所有する敷地内に勝手に侵入し占有することになります。

営業している店舗などの駐車場の場合でも、本来はそのお店を利用する顧客のために車を停めるスペースとして開放しているので、顧客が車を停めることができないことで利益を得る機会を喪失することに繋がります。

看板に「無断駐車したら罰金○○円」の掲載は有効?

無断駐車は民法上では不法行為が成立することになるので、損害を被れば損害賠償請求が可能になるといえます。

では、空き地や駐車場に「無断駐車をした場合は罰金○○円を徴収します」といった看板などを立て賠償金として請求することはどうでしょう。罰金とは刑罰の一種であり一般人が他人に科す権利はないとされているため、実際にはこの方法が通用するとは考えにくいといえます。

罰金という名目でなくても、設定したて金額に何らかの裏付けがないのなら無断駐車1回一律いくらを請求することは難しいと考えられるでしょう。

ただ、周辺の駐車場でどの程度の駐車料金を徴収しているのか確認し、その金額相当分を請求することはできるはずです。そこで、無断駐車している車両の写真と、停めている時間を記録し証拠として残しておくとよいでしょう。

勝手にレッカー移動は反対に訴えられる可能性大!

また、空き地や駐車場の所有者がレッカー車を手配して無断駐車している車を移動させたり、タイヤにロックをかけ移動できない状態にするのは違法行為に該当してしまいます。

権利を侵害されているのは土地の所有者なのに、国家機関の手続きでなく自らが権利回復をすることは許されていないからです。

そのため、反対に損害賠償請求されてしまう可能性もありますので、十分に注意しましょう。

警察に相談して移動してもらえるようにコンタクトを取ってもらうのは可

無断駐車している車を異動させたい場合には、警察に通報すれば車の所有者にコンタクトを取り、移動するように連絡はしてもらえます。ただ、私有の土地なので警察が強制的に移動させることはできないのが現状です。

また、無断駐車している車に注意書きなどで張り紙をする場合には、ガラス窓にわざと跡が残るような接着剤を使用したりせず、ワイパーに挟んでおくなど車に傷など付けない方法で行っておくことも必要です。

本来なら空き地など土地の所有者側が被害者であるのに、なぜ無断で駐車している車の持ち主に気を使う必要があるのか…と納得できない部分はあるかもしれませんが、反対に損害賠償請求されてしまう立場にならないためにも十分注意して行動するようにしてください。

不動産売却において注意したい固定資産税を精算した時の仕訳処理

相続法が改正されたことで今後の相続手続きはどのように変わる?

関連記事

  1. 所有している空き地の有効な使い道とは?どのような方法があるのか

    空き地を所有している方などは、何か上手に土地活用できないものか…と使い道を考えてしまうものでしょ…

  2. 所有する空き地や空き家の管理は誰の責任?

    空き地を所有している方で、自身を持って適切な管理を行っている方なら問題ありません。しかし、空…

  3. 空き家や空き地を適正に管理する責任は誰にある?

    日本では適正に管理されていない空き家や空き地が増えていることが社会問題になっています。所有者が遠方に…

  4. 気になる!空家等対策計画とはどういうものなの?

    H27年に完全に施行された空家等対策ですが、まだまだこれらの計画の概要をよく知らない人も多いのではな…

  5. 固定資産税が6倍?空き家の放置は家計の負担を増やす?

    土地や家屋など、不動産を所有していると固定資産税を毎年納める必要があります。土地や家屋に対する固定資…

  6. 使い道のない空き家を放置するリスクとは?

    自分が望んで手に入れた不動産であるわけではなく、親から実家を相続したことで不動産などを所有することも…

  7. 空き地は空き家よりも対策が進まない?後回しにされる理由とは?

    日本全国で空き地や空き家が急増している状況なのは、テレビや雑誌などメディアで目にする機会が多くなった…

  8. 空き家が増えている!この問題を解決する対策とは?

    現在の日本では空き家が思った以上に深刻化しており、H27年に空き家対策特別措置法が施行されました。そ…

ピックアップ記事

PAGE TOP