menu

空き家をビジネスに活用して収益物件に変えてみては?

日本は少子高齢化が進んでいますが、それと同時に誰も住まなくなった空き家も増加しており、社会問題となっています。

誰も住むことがなく使い道のない家は価値がないから空き家になってしまうと考えるかもしれませんが、中にはリノベーションなど施せば価値を取り戻し、ビジネスとして活用できるものも多いようです。

空き家を所有しているだけでも税金はかかる

ただ放置していても家はどんどん老朽化し、今はただの人の住まなくなった家かもしれませんが、いずれは朽ち果て周辺住民に不安を与える危険な空き家に代わってしまいます。

それでも家を所有している期間中は毎年のように固定資産税が発生し続けるため、使わない家に対して税金を負担することになります。

空き家に経済的な価値があればビジネスにされ、収益を生む不動産として活用することができます。空き家でも家として住む機能を維持できているのなら、賃貸や売却により収益を生む可能性も出てくるはずです。

古い空き家でもリノベーションすれば価値が生まれる

所有者はいるけれど、その不動産を使用できない事情があるなら、賃貸物件として使用できないか考えてみましょう。ただ、賃貸物件として利用し収益を得ようと思う場合には、入居者を獲得することが必要となります。

古くなった家を借りたいと考える方が本当にいるのだろうか…と思うかもしれませんが、例えば都市部の商業地等で古い空き家をリノベーションし、賃貸として活用するビジネスなどもあります。

資金がなくても転貸することでビジネスに活用できる?

オーナーに資金がないことで放置されている不動産などは、所有者に代わって借り手がリノベーションを行い、一定期間転貸して投資資金や利益を回収するといったビジネスの流れです。

事前に決めた転貸期間が終了後は、借りていた不動産を所有者に返還して後は自己運用する形となります。

ただ、このようなビジネスが成立するのは経済的に価値がある空き家であることが前提となるため、空き家の立地、構造、規模などにもよるところでしょう。

空き家の立地のニーズを探ってみては?

中には空き家そのものを購入し、リノベーションして転売するといったことも行われています。古民家風のカフェや宿泊施設など、古き良き時代を思わせる和風建築の家に魅力を感じる方は少なくありません。

他にも立地の用途に応じた利用の方法はあるはずなので、ニーズに合っていれば欲しいと感じる方は出てくることになるでしょう。

このまま利活用されない空き家を所有していても老朽化を進めるだけですので、何らかのビジネスに活用することを検討してみてはいかがでしょう。

不動産を売却した場合の法人税の計算方法とは?

再婚相手の連れ子を相続人にしたい場合に必要な手続きとは?

関連記事

  1. 空き家を活用するビジネスが盛り上がりを見せている?その内容とは?…

    空き家を所有している場合、使う予定がないので売却しようと考える方もいれば、上手にビジネスなどに活用す…

  2. 空き家が増加する背景にはどんな問題が見え隠れしている?

    現在、管理されていない空き家が増え続けていることが社会問題になっていますが、空き家が増加する背景には…

  3. 空き家の改修費用に補助金が?空き家減少と住宅確保のために

    空き家が増加すると地域活力は低下し、地域コミュニティが希薄化といった様々な弊害を招きます。そのまま放…

  4. 増え続ける空き家の割合は首都圏を侵食する?

    首都圏1都6県のうち、空き家率10%未満の自治体数は2003年から2013年までの10年間で半減して…

  5. 空き地の所有者が今後は探しやすくなる?政府の策とは?

    全国に空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、政府はこの空き地や空き家を整備するために…

  6. 空き家が我が子に及ぼす影響とは?相続が発生する前に

    自分が今住んでいる持ち家は、子にとっては親が住む自宅であり実家でもあります。いずれ自分が他界して相続…

  7. 不動産のうち空き地を売却する時に注意しておきたいポイント

    空き地を所有しているものの、今後使う予定がないので売却を検討することもあるかもしれません。しかし、初…

  8. 固定資産税はどのくらいかかる?使わない土地は売るべき?

    近年、空き家同等に野放しになっている土地が非常に増えてきています。 しかも、空き地の方が固定資産…

ピックアップ記事

PAGE TOP