menu

空き地に生い茂った雑草処理には除草剤が便利?

空き地を所有している方は、放置していることで繁殖力が強い雑草に覆われてしまい、管理に困ることになります。

雑草が多い茂った空き地が放置されると、ゴミの不法投棄の場所として使われてしまったり、害虫が大量発生するなどで近隣住民にも迷惑をかけることになるでしょう。

そこで、長期に渡り雑草の発生を抑えることができる除草剤などを使い、一度、雑草を枯らすことを検討しましょう。

除草剤選びのポイント

ただ、空き地管理のために除草剤を使用する場合、どのような除草剤を選べばよいか迷ってしまうものです。

空き地に繁殖するのは多年生雑草や難防除雑草などが多いので、管理にかかる手間を軽減するためには、粒剤の長期間持続型の除草剤がおすすめです。

すでに生えている雑草を枯らした後は、長期間に渡り雑草を抑えられる除草剤を選ぶことが望ましいでしょう。

そこで、すでに生えている雑草は一年生のものが多いのか、それとも多年生のものが多いのか、退治することが難しい雑草が多いのか、どのくらいの丈まで成長しているのか、近くに樹木があるかなども確認するようにしてください。

一年生や多年生の雑草が多い場合

一年生や多年生が多く生えている場合には、粒剤なら手軽に散布できますが、枯らすまで1~2週間はかかります。

また、葉から吸収されるタイプのものなら、散布して数日後には効果があらわれてくるものもあります。

茎葉や根から吸収させ、早期に枯らすことができるシャワータイプなどもあるので、状況に応じて選ぶことが必要といえるでしょう。

近くに樹木がある場合

樹木がある場合には根が伸びていることから、粒剤タイプでは十分に根まで枯らすことはできませんので、樹木の下草除草用登録がされている除草剤を選ぶようにしてください。

丈が伸びた雑草は刈ってから散布を

いずれの除草剤を散布する場合にも、すでに丈がある程度の高さまで成長しているのなら、上部を刈り取った後に散布することが必要です。もし刈るのが面倒なら、茎葉散布用のシャワー材や液剤をまくことをおすすめします。

散布する量と面積は?

製品にどのくらいの範囲にまけばよいか記載があるはずですが、多年生雑草が多く生えていえる場合は薬剤が不足しないよう、量と面積を事前に確認しておきましょう。

空き地には普段人が立ち入らないことが多いので雑草が生えやすい状況です。草丈が3~5cmになった頃には除草剤をまいておいた方がよいでしょう。

不動産を売却すれば所得税だけでなく住民税も課税される?

空き地の管理は所有者の義務?条例により規定されている自治体がほとんど!

関連記事

  1. 空き家で農業を楽しむ暮らしをしてみては?

    近年、穏やかに田舎暮らしをしたいという人たちが増え、農業や家庭菜園を楽しみながらの暮らしが求められる…

  2. 空き家はなぜ老朽化が早い?そのワケとは?

    急に仕事や入院などの事情で長期に渡り家を空けなくてはいけなくなった場合、人が住まない家は早く劣化して…

  3. 各自治自体に設けられた空き地を適切に管理するための条例による効果…

    空き地を放置したままにしておくと、その近隣に人的や物的な被害が生じた場合、損害賠償責任が生じることに…

  4. 空き家の代執行による除却費用は税金負担?

    空き家が危険なまま放置されると、特定空き家に指定され指導、助言、勧告、命令が下され、いずれは代執行と…

  5. 空き家放置はなぜ危険?特定空き家に指定される状態とは?

    外壁は剥がれ、建物は傾き、今すぐにも崩れ落ちそうな古い住宅の周辺で子供達が遊んでいれば、親としてはい…

  6. 空き家が増えている!この問題を解決する対策とは?

    現在の日本では空き家が思った以上に深刻化しており、H27年に空き家対策特別措置法が施行されました。そ…

  7. 空き地から伸びた雑草で近隣から苦情を受けないために

    空き地を所有している方にとって、管理が面倒という問題は避けることができません。放置していれば雑草が伸…

  8. 空き家を解体することによるデメリットとは?

    日本の住宅は木造建築であることがほとんどですので、誰も利用しない締め切った窓の状態になる空き家は湿気…

ピックアップ記事

PAGE TOP