menu

空き地の雑草対策に有効なのかグランドカバーと防草シートのどっち?

空き地を所有している方は、管理の悩みとして雑草対策をどうすればよいか考えさせられていることが多いようです。

雑草は繁殖力が強いので、放置していれば丈の高い草が伸び、あっという間に覆われてしまうからです。

繁茂した雑草に虫が繁殖したり、ゴミの不法投棄の場のされたりといったことがあれば、周辺住民に多大な迷惑をかけることになってしまいます。

そこで、長期的に雑草対策が見込める「グランドカバー」を検討してみてはいかがでしょう。

雑草対策に有効なグランドカバーとは?

グランドカバーは露出している地面を覆い隠すことを目的としており、花や植木など主役となる植物を引き立たせるために使われています。現在ではその用途の幅も広がっていき、雑草対策にも使われています。

ただ、グランドカバーは気候や土地に合う正しい品種を選ばなければ、順調に繁殖してくれません。

苗は間隔をあけて植えることが必要なので、全体を覆うまで防草効果は見込めない点がデメリットです。また、苗の量や品種によって繁殖する早さも異なりますが、1年以上、防草効果は見込めないと理解しておく必要があります。

管理や手入れが必要な点に注意

植える品種によって、覆い隠した後でも管理を施していくことが必要ですので、だんだんとグランドカバーが増える過程や手入れを楽しみながらできるという方でなければ面倒に感じてしまうかもしれません。

雑草を防ぐというよりも、ガーデニングの植栽という立ち位置であることを理解しておいたほうがよいでしょう。

防草シートは雑草抑制に有効?

それなら防草シートでカバーすればよいのでは?と思うかもしれません。光を遮断することにより雑草を抑制するので、長期的に防草効果を得ることができ、その期間は10年以上という場合もあります。

ただ、単一色のシートを敷きつめることになるので、見た目があまり良くない点がデメリットです。シートの上に砂利や樹皮片など敷けば解決することができるでしょう。

防草シートが下にあることで砂利が沈むこともなく、さらに日光を遮ることになるのでシートの劣化も防ぐことができます。

どちらを活用するかしっかり検討を!

雑草対策にはグランドカバーや防草シートがよいと考えている方もいるでしょうが、どちらもメリットとデメリットがあり、何を重視するかによって活用したほうがよいものも異なります。

雑草の防除という面を重視するのなら防草シートのほうがよいでしょうが、見た目を重視するのならグランドカバーのほうがおすすめです。

ただ、手入れなどの問題がありますし、効果を得るまでは一定の期間がかかることも理解した上で採用するようにしましょう。

相続が発生しても家に住み続けることができる配偶者居住権とは?

不動産を売却すれば所得税だけでなく住民税も課税される?

関連記事

  1. 所有者不明の空き地や空き家が増え続けている理由は?

    全国で空き地や空き家が急増していることで、誰が持ち主か登記簿などで確認しても、実際の所有者まで辿り着…

  2. 空き家を撤去する時にかかる費用はどのくらい?

    家を取り壊した場合には土地の固定資産税は軽減措置を受けることが出来なくなるので、税金が大幅に高くなる…

  3. 都内の空き地は路線価や公示価格、実勢価格など何を目安に価値を決め…

    毎年7月くらいになると国税庁から路線価が発表されます。 ニュースでも大きく取り上げられるので、毎…

  4. 空き家を譲渡する時に適用される特別控除とは?

    近年増加傾向にある空き家は、平成25年総務省統計局によると全国に820万戸も存在すると言われているほ…

  5. もったいない!?空き家対策をして有効活用しよう!

    平成27年に空き家対策特別措置法が完全施行されるようになりました。 この法律は全ての空き家に適用…

  6. 国土交通省の空き家対策についての集計結果から現在の状況を読み取る…

    年々深刻化している空き家問題を背景として、2015年5月に完全施行された「空き家対策特別措置法 …

  7. 空き家を解体することによるデメリットとは?

    日本の住宅は木造建築であることがほとんどですので、誰も利用しない締め切った窓の状態になる空き家は湿気…

  8. 実家に将来住み続ける?それとも別に住居を構えて空き家にする?

    もし自分が独身で、親一人子一人で実家に同居しているとします。 そのような場合、将来親の相続が発生…

ピックアップ記事

PAGE TOP