menu

空き地の利活用対策に実施される国のモデル調査とは?

令和元年6月14日から、国土交通省では空き地対策の一環として、「空き地対策の推進に向けた先進事例構築モデル調査」を開始しました。

これは、団体が行っている地域の空き地状況を把握したり、利活用などを促進する先進的な取り組みとして進めているものです。

空き地や空き家が増え、使われない土地や建物が増えてしまうことはそのエリアの活性化の妨げになってしまいます。

そこで、今回開始される調査と支援はどのような取り組みと内容になっているか確認しておきましょう。

調査対象となる取り組みとは?

日本は人口が減少しており、親の実家を相続しても使われないまま放置されるケースも少なくありません。有効活用されず放置される空き地も増えている傾向にあることから、市区町村や民間事業者、NPO団体、法務や不動産の専門家などが先進的な取り組みを行っている場合には、国がその取り組みを実施する上で必要となる費用の一部を通じて支援するというものです。

支援を通じて得た成果も公表しされ、全国の自治体などに取り組みが展開されれば、さらに空き地が有効活用されることとなるでしょう。

具体的にどのような取り組みが対象となるのかは次のとおりです。

・対象区域、または対象となる空き地、空き地の所有者、関係権利者などの状況を把握すること
・関係法令や事例などの整理、取り組みスキームや運用方針などを作成すること
・近隣住民などと勉強会を開催したり、合意を形成するための取り組みを行うこと
・空き地に適用して適正管理や利活用するための試行的な取り組みを行うこと

などです。

特に、空き地の適正管理や利活用への取り組みについての提案が優先的に評価されます。

支援の対象となる団体

上記の取り組みを行う団体のうち、支援の対象となるのはNPO団体や民間事業者、大学・専門家などで構成される団体、地方公共団体(NPOや民間、大学・専門家などと連携した取り組みを優先)などです。

NPOや民間、大学・専門家などで構成される団体は、自治体からの推薦が必要となります。

応募期限と方法は?

応募する際には、令和元年7月25日(木)12:00必着で、事務局にメールなどで「応募資料」を提出してください。

事務局が設置した学識経験者などで構成する有識者委員会が評価を行い、国土交通省が8月をめどに採択する事業を決める流れです。

空き地の利活用が促進されるよい取り組みなので、詳しい内容など、事務局に問い合わせてみるとよいでしょう。

問合せ先事務局

所在:東京都港区芝公園3-1-22 株式会社日本能率協会総合研究所 交通・まちづくり研究部
電話番号:03-3578-7515

不動産を売却した後の申告では領収書が必要になることがある?

不動産を売却した時は一時的な所得として税金が課税される!

関連記事

  1. 空き地の草刈りを業者に依頼する時には費用以外にも注意が必要!

    家の庭や所有している空き地の雑草が伸び放題になっていませんか? 草刈り作業は手間や時間、そして費…

  2. 空き家や特定空き家と判断されてしまう基準とは?

    近年では増加が問題視されている空き家ですが、そもそも「空き家」と判断される住宅とはどのような家なので…

  3. 空き家がもたらす外部不経済とはどのようなことが問題?

    日本で空き家が増え続けることのいったい何が問題なのかをあらわした場合、外部不経済を生じさせることが挙…

  4. 空き家を放置すると様々なリスクを負うことに!

    超高齢化が進む日本では、誰も住まなくなった「空き家」が大きな問題になっています。日本各地で放置された…

  5. 近隣から苦情を言われないためには空き地にフェンスを設けるべき?

    空き地や空き家を所有していると、その管理の大変さに苦労するという話も少なくありません。 特に遠方…

  6. 【空き家】の維持費や管理費ってどのくらい? 家の現状はどう?

    空き家の維持と聞いてまず思い浮かべるのが間違いなく固定資産税でしょう。 H27年からは空き家等特…

  7. 固定資産税はどのくらいかかる?使わない土地は売るべき?

    近年、空き家同等に野放しになっている土地が非常に増えてきています。 しかも、空き地の方が固定資産…

  8. リノベーションでまちづくりが可能?空き家活用の地域活性化

    仮に家に誰も住んでいなくて「空き家」という状態だとしても、所有者が適切に管理していれば特に何か問題に…

ピックアップ記事

PAGE TOP