menu

空き地の有効な探し方とは?憧れのマイホームを建てるために

これからマイホームを建てたいと考えている方は、まず土地を探すところから始めなければと思っているかもしれません。

例えば親が亡くなり、使用しない空き地などを相続したのなら、そこにマイホームを建てることもできるでしょう。しかし土地を所有しておらず、なかなか希望する土地が見つからなくてどこを探せば空き地が見つかるのか、探し方を知りたいけれどわからないという場合もあるでしょう。

そこで、空き地をどのように探せばよいのか、その探し方をご紹介します。

よい空き地を探すために優先したい部分とは?

マイホームを建てることを考えている場合、できるだけよい空き地にめぐり合いたいと思うものでしょう。ただ、よい空き地とはどのような土地のことを指すのでしょうか。

人によって価値観は異なりますし、土地に求めることや重視するポイントなども違います。そこで、土地探しの条件の中から、まず自分は何を最も優先させたいのか、重視したいのかを再確認してみましょう。

・最寄駅から近く交通アクセスの利便性が高い土地
・スーパーやコンビニが近く買い物に便利なエリアにある土地
・子どもが通うことになる学校の校区エリアにある土地
・広さは十分なのに価格が安いなどコストパフォーマンスが良好な土地
・治安がよく緑の多いエリアの土地
・強い地盤で万一の被災リスクが低い土地

生活スタイルや家族構成によっても優先するポイントは異なる

このように、土地に求める条件はいろいろあるので、どれを重視すればよいのか迷ってしまうかもしれません。生活スタイルや家族構成などによって異なるでしょうし、ずっとマイホームに住み続けるのか、いずれは売却してマンションなどに移り住むことを希望するかによっても違ってきます。

空き地を探す方法とは?

空き地を見つける上で優先したい条件が決まったら、次はどのような方法で希望する土地を探すのか確認しておきましょう。

方法としては、

・インターネットで土地情報を検索する
・直接不動産屋に足を運んで探してもらう
・直接自分で希望するエリアを歩いて探す
・工務店やハウスメーカーに相談に行く

といった方法があります。

希望するマイホームを建てることができる土地の広さも確認しておくこと

一戸建てのマイホームを建てることを検討するなら、本来は土地探しを始めることから行いますが、並行して施工の相談を行う予定の工務店やハウスメーカーも探しておく必要があります。

土地探しは不動産業者、施工はハウスメーカーや工務店と分けたいなら、どのような家を建てたいのか、希望する間取りに必要な土地の広さはどれくらいか、直接工務店やハウスメーカーに相談してみるのも方法の1つです。

不動産を売却する時や購入する時に発生する仲介手数料は仕訳上どのような扱い?

空き地から伸びた雑草で近隣から苦情を受けないために

関連記事

  1. 空き家をビジネスに活用して収益物件に変えてみては?

    日本は少子高齢化が進んでいますが、それと同時に誰も住まなくなった空き家も増加しており、社会問題となっ…

  2. 空き地の固定資産税を節税したいなら農地にすると良い?

    特に使用目的があるわけではないけれど、例えば親が持っていた土地だったけれど相続により受継いで所有して…

  3. 葛飾区で土地売買を検討しているなら課税される消費税についても注意…

    家や土地など不動産を購入する場合、数千万円や億単位で金額が動くことになるため、8%という消費税が、か…

  4. 空き家に必要なのは適正管理!できない場合には?

    急速に進む少子高齢化と核家族化で、現在問題視されている空き家はさらに増え続けている状況です。空き家の…

  5. 空き地に生い茂った草を放置していると苦情を受けて指導の対象に!

    所有している空き地の草が生い茂った状態となっていたことで、近隣の住人から役所に苦情が入り、草を刈るよ…

  6. 空き地の所有者が今後は探しやすくなる?政府の策とは?

    全国に空き地や空き家が増えていることが問題視されていますが、政府はこの空き地や空き家を整備するために…

  7. 空き家や特定空き家と判断されてしまう基準とは?

    近年では増加が問題視されている空き家ですが、そもそも「空き家」と判断される住宅とはどのような家なので…

  8. 空き家の対策をしておかないと税金があがる?

    ここ数十年で空き家はどんどん増えてきています。 増えているのにはもちろん、理由がありました。…

ピックアップ記事

PAGE TOP