menu

空き地を借りたいと考えている方は意外と多い?土地の有効活用のために

空き家やアパートなどの売り物件を探している方は多くいますが、空き地を探している方はそれほど多くないかもしれません。

ただ、アパートやマンションを建てようと、駅からの距離が近いなど立地のよい場所の空き地を探しているというケースは多々あります。

空き地を譲って欲しいわけではなく、格安で借りたいというケースもあるようですが、どうせ使わないのならよいだろうと借りる側が考えている程甘くないのが現実です。

空き地を所有している方は有効活用したいと考えている?
実際、空き地の利用方法として、物置きや駐車場などに利用しているケースが5割程度がる一方で、何の利用もされていない空き地も半分程度存在しています。

その理由は、相続した土地であるものの、何も使い道がなく放置しているというケースで、そもそも空き地を何かに利用しようと積極的に取得されないケースが多いということです。

・相続した空き地は管理が大変

空き地を相続しても、使い道はないのに管理はおこなわなければなりません。草刈りなど処理が必要となったり、ゴミなど不法投棄されていないか確認したりと、遠方に住んでいる場合には管理の手間だけでなく交通費までかかる上に、なかなか時間が取れないことで悩みの種になっているケースもみられます。

それなら有効に空き地を貸し付けたり、売却すればよいのでは?と思うかもしれませんが、そのような意向を持っていない所有者が3割程度を占めています。

・売ることはできない場合でも貸し付けなら?
売却や貸し付けを行いたいと考えていても、実際に実行に移している方は1割程度です。やはり相続などで譲り受けた土地の場合、先祖代々から受け継いだという理由や、将来、家族や親族などが使用するかもしれないという理由で、売却に至れないケースもあるようですが、空き地が有効活用されるために土地を借りたいという方に一時的に貸し付けを行うことを検討してみてはいかがでしょう。

定期借地権での契約ならニーズに合致する可能性大
借地借家法では、土地を借りる方が空き地の上に建物を建てることを目的とする場合、最初の借地契約期間は30年以上と定めがあるためそれよりも短い期間に設定することはできませんが、定期借地権などでの契約であれば契約期間満了により借地権も終了します。

空き地を売却する意思はないけれど、そのまま放置していても仕方がないので有効に活用してほしいという場合や、将来家族が使うかもしれないという場合など、定期借地権で契約を行い空き地の貸し付けを検討してみるとよいでしょう。

土地を借りたいと考えている方もいますので、借りる側と貸す側のニーズに対応することが可能となります。

農地を相続する場合には法的に相続税が猶予される可能性が高い?

相続人が生命保険で保険金を受け取った時には控除が適用される?

関連記事

  1. これは知らないと損!?空き家の解体に補助金が出るって本当?

    空き家や家を壊す場合って補助金が出るってご存知でしたか? 正直知らない方も多いのではないでしょう…

  2. 「空地」や「空き地」の意味とは?どのような土地のこと?

    「空地」または「空き地(あきち)」とは、宅地や農地などとして利用されることなく、目的を持たないまま放…

  3. 不動産事業者が空き家買取りとリフォームで減税される?中古物件流通…

    国土交通省は全国で増得続ける空き家を何とか流通させようと試行錯誤しているようです。 そこで、不動…

  4. 空き地の管理が大変ならどのように活用すれば良い?

    空き地は宅地や農地といった利用される目的のないまま放置された土地です。一般の人が自由に使えるような状…

  5. 空き家を改修する場合などに利用できる助成金とは?

    空き家で住もうと考えているけれど、古くなった家のトイレや風呂、キッチンなどに不便さを感じるという場合…

  6. 相続人全員が相続放棄したら相続財産である空き家はどうなる?

    亡くなった親が住んでいた実家を相続することになったものの、十分に管理できる状況でもなく、さらに誰かが…

  7. 所有者不明の土地や空き家が増加する問題はなぜ拡大する?

    不動産登記簿に記載される権利部分は誰がその不動産の所有者なのかを示していますが、仮に所有者が変わって…

  8. 空き家の解体や撤去は必要?

    平成27年5月から、空き家対策特別措置法、略して空き家特措法と呼ばれる特別措置法が完全に施行されてい…

ピックアップ記事

PAGE TOP