不動産売却の基本

不動産売却の基本的な知識

オーナー様(売主)が不動産売却のノウハウを持つことの意義

不動産売却のノウハウ

建物(マンション・戸建住宅・集合住宅)・土地など所有する不動産の売却する場合、ほとんどのオーナー様は「納得した価格・条件・時期」で取引を成立したいと考えると思います。でもなかなか難しいのが現状です。
買主にとって決断しやすい価格設定をすれば早期に取引が成立することが出来るかも知れません。でもそれはオーナー様(売主)にとって納得できる取引とはかけ離れる条件にもなりうることです。相場価格よりも高い条件にすると逆に買主には魅力がない物件となり長い期間、取引が成立せずに売却時期が遅れていきます。
この問題を解決するひとつの手段として、所有する物件の相場価格を知ることが挙げられます。
多くの買主にとって誰もが不動産購入には慎重になるものです。

不動産売却のノウハウを持つ

オーナー様が、所有する不動産の相場価格はもちろんのこと、スムーズに売却活動を行うにあたり必要な書類の用意、取引の流れなど売却の準備、不動産売却の押さえるべき知識を身につけることが「納得した取引」を成立させる道筋になります。このページではオーナー様が知るべき基本的な情報をまとめていますのでご参考になれば幸いです。

不動産売却に必要な書類を確認しておきましょう。

下記は、不動産売却時の売買契約をする際に必要な書類となります。

売買契約書 登記済権利証 土地測量図面 建築確認通知書 建築設計図

築年数が古い物件を売却する売主様でよく聞くのが、書類や物件資料の紛失。上記に挙げた書類はしっかりと保管されているか事前に確認しておくべきです。お手元に無い、紛失が考えられる場合は、依頼した建築会社や業者にて保管されており、問い合わせればコピーを送ってもらえるかも知れませんが、かなり年数が経っている場合、破棄されている可能性もあるので注意が必要です。

ローン残高を把握しておきましょう。

住宅ローンの残高を把握しておかないと、明確な売却計画が成り立たなくなりますので、現時点でのローン残高、そして自身の預金額を把握しておきましょう。
住宅ローン残高は、借入先の金融機関から定期的に住宅ローン残高証明書が送付されていると思いますので確認できます。紛失している場合は債務者本人が金融機関に再発行依頼することが出来るので、早めに行動を取りましょう。

不動産売却に掛かる費用を知っておきましょう。

不動産売却は売ってお金を得るだけではありません。売却時には行政や業者などに支払う費用が必ず発生しますので、事前に把握しておくことが重要です。

仲介手数料

仲介手数料とは売却物件情報を買主へ紹介し売却活動を行う不動産業者への媒介の報酬(仲介報酬)いわば、成功報酬のことです。
業者によって相違があるかも知れませんが、一般的には
売買価格×3%+6万円×消費税
として計算されるのが通常です。
成功報酬になりますので、不動産の売買契約が成立した際に支払いが発生します。 不動産売却に掛かる諸費用の中で、最も額が大きくなるのがこの仲介手数料であることを認識しておきましょう。

抵当権抹消費用

抵当権抹消費用・・・金融機関に設定されている抵当権を抹消する際に行う手続きに関する費用。
抵当権は物件を購入する時に該当物件を担保として住宅ローンを金融機関で組む際に設定されます。
抵当権が金融機関に残ったままでは物件の売却を行えません。従って、住宅ローンの残債を支払い債務をクリアにして抵当権の抹消をする必要があります。
抵当権抹消費用の金額は一般的に2万円程度となりますが、住所変更登記と併せて抵当権抹消の手続きを司法書士にお願いする場合は別途に司法書士への費用が掛かることも頭に入れておきましょう。

その他に考えられる費用

売買契約時に必要となる印鑑証明や住民票などの取得費用、登記上の住所や所有者など情報の変更を行う場合は変更登記費用が発生します。また、物件のリフォームなどを行う場合はその費用も掛かることでしょう。 そしてリフォームが必要な際はリフォーム代がかかることも忘れてはいけません。そして、印紙税などの税金も発生します。

不動産売却後の税金を知る

物件の売買が成立してからになりますが、不動産売却時には譲渡所得(収入)に対して税金が課されるケースがあります。税金が掛かるのか掛からないのか、予め譲渡所得税額の概算を計算し把握しておきましょう。

いくらで売れるのか、相場価格を確認しておきましょう。

まず、売りたい価格=妥当な相場価格とは限りません。
不動産には相場があります。物件の場所や規模、状態などでその評価は変わってきます。しかし一般の方がその相場を知ることは安易ではありません。その地域を把握し多くの知識や情報を持つ不動産業者に調査を依頼することをおすすめいたします。相場価格を知ることは、納得のいく取引を成立させる一番の近道となります。

不動産公開価格の無料査定調査

不動産売却の流れを知っておきましょう。

所有する「不動産物件」を売却したいと考えたとき、まず何をすればいいのかわかならいという方がほとんどです。準備は何をすればいいか、どれくらい期間を要するのか、最低限、物件を売り出すまで〜売買契約を結ぶまでの流れを把握しておくことが重要です。下記ボタンから不動産売却の流れを確認できますので、参考にしてください。